주요 기사 바로가기

「10キロ先で振動、地震かと思った」…「死傷者10人S-OIL」外資系初の重大災害処罰法調査=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.20 14:37
0
20日午前、蔚山蔚州郡(ウルサン・ウルチュグン)S-OIL(エスオイル)温山(オンサン)工場。消防当局が前日火災が発生した作業場内の残火を整理するために消火活動をしていた。爆発当時の衝撃で付近の福祉教育施設の窓はほぼ割れ、窓越しに一部天井が落ちた館内部が見えた。

前日午後8時51分ごろ、温山工場では耳をつんざくような轟音と振動を伴った爆発が発生して高さ数十メートルの火柱が立ち上がった。S-OILから10キロメートル余り離れた地点まで振動が伝えられながら一部のマンションでは「地震だ」と言って住民が飛び出す騒ぎも広がった。今回の火災で当時作業中だった職員など10人の死傷者が発生した。死亡1人、重傷4人、軽傷5人だ。

消防当局とS-OILによると、火災はS-OILアルキレーション(ガソリンのオクタン価を高める添加剤)抽出工程中、C4コンプレッサー後段のバルブ整備過程で発生した。消防当局は非常対応2段階(全3段階)を発令し、消防隊員298人、消防車56台を投じて消火活動にあたった。この日午前12時現在、主火力を制圧した状態で消防当局はタンク内部の可燃性ガスがすべて抜けるように措置を取った。

S-OIL側はこの日午前11時、記者会見を行って「火災事故で亡くなった故人に深い哀悼と謝罪を申し上げる」と明らかにした。S-OILのフセイン・アル・カタニ(Hussain Al-Qahtani)代表理事は「遺族の方に対しても頭を下げて謝罪申し上げる」とし「負傷に遭われた作業者の皆さんと今般の事故でご心配をおかけした周辺地域の住民の皆さんにも謝罪する」と述べた。

カタニ氏はまた「我々S-OILは責任感の重さを痛感し、事故の収拾と正確な原因糾明のために関係当局に最大限協力する」とし「今回の事故による被害が最小化されるように最善の努力を尽くす」とした。

S-OIL側は事故が発生した工場施設に対して事故原因が明らかになって再発防止対策が用意されるまで運営を中断することにした。また、この期間に石油製品の内需供給に支障がないように対策を講じる方針だ。

雇用労働部は今回の事故に関連して重大災害処罰法違反がなかったか調査を進めている。また事故が発生したS-OILアルキレーション抽出工程に対して作業中止命令を下し、安全のために追加作業に対する中止命令も検討中だ。雇用労働部関係者は「産業災害収拾本部を構成して関連法違反を調査中」と明らかにした。

50人以上の事業場であるS-OILはサウジアラビア企業アラムコが最大株主の外資系企業だ。外資系企業が重大災害処罰法で調査を受けるのは今回が初めてだ。

1月27日に施行された重大災害処罰法は常時勤労者50人以上〔建設業は工事金額50億ウォン(約5億円)以上〕の事業場で労働者死亡など重大産業災害が発生すれば事故防止義務を果たさなかった事業主・経営責任者を処罰することができるように規定している。今回の事故で負傷及び死亡した職員の所属はS-OIL5人、協力会社4人、警備会社1人などだ。

警察はS-OIL蔚山工場の爆発・火災事故捜査専門担当チームを編成して業務上過失致死傷容疑などに対して捜査する方針だ。蔚山警察庁関係者は「鎮火後、現場の安全診断などを経て火災原因の把握に出る計画」としながら「来週中に国立科学捜査研究院と現場の合同鑑識ができるだろう」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「10キロ先で振動、地震かと思った」…「死傷者10人S-OIL」外資系初の重大災害処罰法調査=韓国

    2022.05.20 14:37
    뉴스 메뉴 보기
    蔚山蔚州郡(ウルサン・ウルチュグン)S-OIL(エスオイル)温山(オンサン)工場
    TOP