주요 기사 바로가기

中国、初の「無人機空母」進水

ⓒ 中央日報日本語版2022.05.20 12:09
0
中国が世界で初めて無人航行が可能な「無人機(ドローン)空母」を開発したと光明日報など中国のメディアが20日、報じた。

新聞によると、遠隔操縦が可能な世界最初のスマート型無人機輸送船「珠海雲」が18日、広州で進水された。南方海洋実験室が構想して中国艦船設計研究センターが建造の総責任者になった。

長さ88.5メートル、幅14メートルに排水量約2000トンである珠海雲は甲板が広く数十台の空中・海上・潜水用無人システムの装備を搭載することができる。今後核心設備、スマート系統、無人システムの性能テストを行って年末まで航行テストを経た後現場に投入される予定だ。

中国メディアは珠海雲が海洋災難予防、海洋環境モニタリング、海洋情報提供などに活用されることができると紹介した。

海洋観測データの確保に使われることで先端海洋科学技術の人材育成や海洋科学技術革新に貢献するとメディアは見通した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP