주요 기사 바로가기

中国軍用機7機、バイデン氏の韓日歴訪直前に台湾周辺で武力示威

ⓒ 中央日報日本語版2022.05.20 10:40
0
複数の中国軍航空機が米国のジョー・バイデン大統領の韓日歴訪(20~24日)を控えて台湾周辺で武力示威を行った。

20日、台湾国防部のホームページによると、前日に中国人民解放軍の戦闘機「J-16」4機をはじめ、電子戦機「Y-8」・爆撃機「H-6」・戦闘機「SU-30」各1機など合計7機の軍用機が台湾南西部の防空識別圏(ADIZ)に進入した。

台湾は軍用機を発進させて警報を発信する一方、対空ミサイルシステムで中国軍用機の活動を追跡したと台湾国防部が明らかにした。

これに先立ち、17日と18日にも中国軍の軍用機1機と4機がそれぞれ台湾ADIZ内に進入していた。

バイデン大統領の韓日訪問を契機に台湾問題が議題にのぼるものと予想される。中国共産党の楊潔チ政治局員は18日、ホワイトハウスのジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)との電話会談で「米国が台湾カードを用いるのは誤った道をますます遠くに進むことで、情勢を危険なところに導く」としながら「中国は必ず確固たる行動で主権と安全利益を保護するだろう。我々はやるといったらやる」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP