주요 기사 바로가기

KOSPI、また2600割れ…ウォン相場も一日で11ウォン下落(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.20 07:13
0
「S(スタグフレーション)の恐怖」に韓国金融市場が再び動揺した。19日、韓国ウォン相場は一日で11.1ウォン下落してウォン安がさらに進み、 総合株価指数(KOSPI)は3日ぶりに再び2600ラインを割った。インフレーション(物価上昇)に伴う米国流通企業の実績不振の中で、18日(現地時間)、米国証券市場が「暗黒の水曜日(ブラック・ウェンズデー)」に見舞われた余波だ。コロナ事態の中の流動性が作り出したバブルが2000年代ITバブルのときよりも深刻だという警告まで出ている。

19日、ウォン安はさらに進んだ。この日、ソウル外国為替市場で韓国ウォン相場は前日より11.1ウォン安の1ドル=1277.7ウォンで引けた。12日、13年ぶりのウォン安水準である1ドル=1288.6ウォンまで下落した韓国ウォン相場は、その後4営業日連続で反騰して1ドル=1260ウォン水準まで回復したものの、この日再び弱気になり1ドル=1280ウォンに迫った。

◆日本・香港などアジア証券市場も動揺

この日韓国証券市場では外国人投資家が株式を大量に売ってウォン安をあおった。機関投資家と外国人投資家が一斉に売り越し、この日KOSPIは前日比1.28%安の2592.34で引けた。3日ぶりの2600ライン割れだった。

コスダック指数(KOSDAQ)は前場で一時850ラインを割って2%以上下落したが、午後に持ち直して結局前日比0.89%安の863.80で引けた。アジア証券市場も大きく動揺した。日本の日経225指数は前日比1.89%安、香港ハンセン指数も2.68%安となった。

韓国とアジア証券市場が動揺したのは「ブラック・ウェンズデー」に見舞われた米国の余波だ。18日(現地時間)、ニューヨーク証券市場でダウ平均株価指数は前日比3.57%の下落率を記録した。S&P500指数(-4.04%)やナスダック(-4.73%)は4%以上も急落した。S&P500は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)初期の2020年6月11日(-5.89%)以降、最大の下げ幅を記録した。

この日、米国証券市場を下落のスパイラルに引き込んだのは米国流通企業の「アーニングショック」だ。この日、米国の大型小売り業者「Target(ターゲット)」の株価は24.93%急落した。1-3月期の実績発表で1株あたり純利益(2.19ドル)が市場見通し(1株当り3.07ドル)を下回ったためだった。実績不振でウォルマートは前日(-11%)に続きこの日も株価が6.8%続落し、アマゾン株も7.16%下げた。

サプライチェーン(供給網)のボトルネック現象とウクライナ戦争の長期化などでエネルギーと原材料価格の急騰が止まらず、インフレ圧力はますます強まっている。このため流通企業の実績悪化は予想されたことだった。それでも市場が動揺したのは消費者の財布が薄くなったと判断したためだ。

大信証券グローバル投資戦略チーム長のムン・ナムジュン氏は「必須消費財企業の利益減少はすでに市場が予想していたものの、これら企業の実績が市場見通しを下回ると、投資家は企業が物価上昇に歩調を合わせてこれ以上価格転嫁できないほど消費心理が萎縮したと受け止めて株式を売った」と説明した。

消費心理は冷え込んでいるが、高騰を続ける物価を安定させるために米連邦準備制度理事会(FRB)は当面、緊縮の加速ペダルを強く踏む見通しだ。FRBのジェローム パウエル議長は17日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が主催した行事で「インフレがはっきりと抑えられたと手応えを感じるまで、引き続き利上げを断行する」としながら「これに関する苦痛が一部あるかもしれない」と明らかにした。 KOSPI、また2600割れ…ウォン相場も一日で11ウォン下落(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP