주요 기사 바로가기

米国、特使論に負担を感じたか…「バイデン大統領・文前大統領の会合はない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.20 07:10
0
ジョー・バイデン米国大統領の訪韓(20~22日)に合わせて推進されていた文在寅(ムン・ジェイン)前大統領との別途の会合が訪韓を一日前にした19日、結局白紙化した。

ジェイク・サリバン米国家安保補佐官は18日(現地時間)、記者会見で「バイデン大統領は韓国で尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と首脳会談を行い、米国に投資を多く行って雇用を作っている韓国財界指導者にも会うだろう」と明らかにした。ホワイトハウスは「文前大統領に会うという韓国メディアの報道が事実なのか」という質問に「現在としては面談日程が決まっていない」と答えた。

これを受け、文前大統領側関係者は中央日報との電話インタビューで「この日午前、米国側から聞いた」として「米国首脳が初めて韓国の退任大統領まで会うのは両国の堅固な同盟関係を確認するレベルで良い前例になることができたのに残念だ」と話した。外交界では「両側が推進した会合の背景や趣旨とは全く違う主張が出てきた先週末を基点にホワイトハウスで文前大統領との会合に対する否定的な気流が大きくなったと承知している」という見方がある。丁世鉉(チョン・セヒョン)元統一部長官など一部の旧与党要人は最近「バイデン大統領が文前大統領に会って対北朝鮮特使のような役割を要請するだろう」という主張を展開した。

前職高官は「文前大統領との会合に過度な政治的意味が与えられ、会合自体が尹大統領に失礼になる可能性がある政治的状況が繰り広げられた」として「また、地方選挙を控えている敏感な時期という点などを米国側が考慮した可能性がある」とした。

今回のバイデン大統領の訪韓日程の中で歴代米国大統領が通常訪問する非武装地帯(DMZ)の日程もない。サリバン補佐官はこの日、「バイデン大統領がDMZを訪問するか」という質問にマイクをカリーヌ・ジャンピエール報道官に渡し、ジャンピエール報道官は「訪問しない」と答えた。「なぜ訪問しないのか」といった相次いだ質問に特別な説明もなく「今回の旅程では行かない」と答えるだけだった。これを受け、バイデン大統領の韓日訪問期間を前後に北朝鮮が核・ミサイル挑発に出る可能性があるためという分析が出ている。サリバン補佐官は「北朝鮮が長距離ミサイルを含んで追加的なミサイル発射も核実験に踏み切る可能性に対する情報を持っている」として「米国はすべての非常状況に備えている」と話した。

ある外交筋は「バイデン大統領のDMZ訪問は北朝鮮を刺激する可能性があり、訪問以来北朝鮮が挑発に踏み切る場合、米国としては困惑した状況になり得る」と分析した。

一方、21日開かれる韓米首脳会談で通訳だけが参加する単独会談が推進されていることが分かった。18日、大統領室は小人数会談(核心参謀だけが同席)と拡大会談を進めるだろうと明らかにした。大統領室高官は「ドラマチックに両首脳がお互いを向き合う瞬間を予想シナリオから外していない」と話した。

バイデン大統領の訪韓にジル・バイデン夫人が同行しないことで今回の首脳会談で金建希(キム・ゴンヒ)夫人の活動範囲も広くないものと予想される。大統領室関係者は「金夫人が参加する公式日程はないと承知している」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国、特使論に負担を感じたか…「バイデン大統領・文前大統領の会合はない」

    2022.05.20 07:10
    뉴스 메뉴 보기
    米国のジョー・バイデン大統領が2021年5月21日(現地時間)、ツイッターに文在寅大統領とホワイトハウスで午餐会を兼ねた単独首脳会談の姿を公開した。[バイデン大統領の公式ツイッター キャプチャー]
    TOP