주요 기사 바로가기

尹大統領・バイデン・李在鎔が「半導体会談」か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.19 08:32
0
20日のバイデン米大統領のサムスン電子平沢(ピョンテク)工場訪問に尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領も同行する可能性が高まっている。尹大統領とバイデン大統領がサムスン電子の半導体前哨基地の平沢工場で会うことになれば「韓米半導体同盟」を固める契機になるとみられる。

金泰孝(キム・テヒョ)国家安保室第1次長は18日の会見で、20-22日の韓米首脳会談日程について説明し、バイデン大統領のサムスン電子平沢工場訪問に尹大統領も同行するのかという取材陣の質問に対し、「暫定的な日程は警護問題のため話すのが難しい」としながらも「行事が開催される場合、尹大統領も共にし、演説をして勤労者と歓談する計画を持っている」と答えた。

バイデン大統領がサムスン平沢工場を訪れる場合、米国大統領として初めて韓国の半導体工場を直接訪問することになる。韓米両大統領の訪問の可能性が高まる中、サムスン電子側の動きも忙しくなっている。最高経営陣が18日、あらかじめ現場を見回りながら状況を点検した。財界によると、李副会長とサムスン電子の経営陣はこの日、ヘリコプターを利用して平沢工場を訪問し、正午から3時間ほどバイデン大統領の訪問に備えた事前点検および準備作業をした。李副会長の平沢工場訪問は、昨年1月に新年最初の勤務日程で平沢第2工場のファウンドリー生産設備搬入式に出席して以来1年4カ月ぶり。

サムスンはその間、バイデン大統領の工場訪問を控えて会社紹介ブースを設置し、リハーサルを行うなど準備を進めてきた。バイデン大統領の平沢工場訪問に李副会長が同席すれば、李副会長が半導体生産施設を紹介し、グローバルサプライチェーン安定化のための韓米両国の協力を議論するとみられる。

バイデン大統領は昨年就任して以降、半導体産業に格別の関心を見せてきた。ホワイトハウスでの半導体サプライチェーン対策会議にサムスン電子を招待した。また、サムスンは米テキサス州テイラーに170億ドル(約20兆ウォン、約2兆円)を投資し、大規模ファウンドリー工場を建設すると明らかにしている。

何よりもバイデン政権は中国と覇権競争をする過程で半導体・バッテリー・バイオなど主要産業のサプライチェーンを同盟国中心に再編することに力を注いできた。バイデン大統領が訪韓初日の日程で世界最大半導体生産ラインのサムスン電子を訪問するという事実は「経済安保」をさらに強化するという意味と解釈される。

尹大統領も次期大統領だった先月7日、ヘリコプターに乗ってサムスン電子平沢工場を眺めながら「先端産業を世界一流にする」と先端産業育成の意志を強調した。大統領室引き継ぎ委員会も半導体産業育成を新政権の重要課題に選定した。

サムスン電子平沢工場は単一半導体生産ラインのうち世界で最大規模を誇る。サッカー場400個分の広さの289万平方メートルの敷地に2015年から造成された。平沢第1ラインは2017年6月から量産を始め、平沢第2ラインは2018年1月に着工し、2020年にDRAM製品を初出荷した。現在第3ラインが年内の稼働を控えていて、第4ラインは基礎工事が進行中だ。

トランプ前米大統領が2017年11月の訪韓当時、ヘリコプターに乗って平沢米軍基地に向かう途中、平沢工場を見下ろしながら「こういうものを米国に作るべきだった」と語ったというエピソードがある。

黄哲盛(ファン・チョルソン)ソウル大材料工学部客員教授は「米国が経済同盟で最も重要だと考えているのが半導体」とし「バイデン大統領はトランプ式のファーウェイ(華為)制裁のような紛争よりも、韓国政府・企業に自国への投資を誘導しながら『味方』であることを誇示することを望んでいる。韓国としては価値を高めることができる機会」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹大統領・バイデン・李在鎔が「半導体会談」か

    2022.05.19 08:32
    뉴스 메뉴 보기
    DRAM・NANDなどメモリーとファウンドリー(半導体委託生産)製品を生産する世界最大半導体工場のサムスン電子平沢キャンパス [サムスン電子]
    TOP