주요 기사 바로가기

バイデン大統領-文前大統領会合説に…米「面談の計画はない、今度はDMZに行かない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.19 07:45
0
米国ホワイトハウスは18日(現地時間)、バイデン大統領が20~22日訪韓期間中に文在寅(ムン・ジェイン)前大統領に会う計画がないと明らかにした。また、歴代米国大統領が通常訪問してきた非武装地帯(DMZ)をバイデン大統領は今回訪問しないと伝えた。

ジェイク・サリバン国家安保補佐官はこの日、記者会見でバイデン大統領の初めてのアジア歴訪は韓国・日本と安保同盟を強化して経済協力を深化する契機になると明らかにした。バイデン大統領のアジア歴訪計画が発表された後、米国側が首脳会談議題と日程を初めて公式発表した。

サリバン補佐官はバイデン大統領が韓国で尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と首脳会談を行い、米国に対する多くの投資を通じて雇用を作っている韓国財界指導者と会うと明らかにした。

北朝鮮の核とミサイルプログラムが提起した挑戦課題に対して協議する予定だと話した。バイデン大統領は訪韓期間に米軍部隊を訪問して将兵を励ます計画だと知らせた。

日本では日米首脳会談だけでなく、日本・米国・オーストラリア・インド4カ国で構成された中国牽制を狙った協議体「クアッド(Quad)」サミットを開く計画だと明らかにした。また、新しい経済協議体「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」を発足すると発表した。

ホワイトハウスはバイデン大統領と文前大統領の会談は予定されていないと明らかにした。「バイデン大統領が文前大統領と会談すると韓国メディアが報じているが、事実なのか」という記者質問にサリバン補佐官は「現在としては文大統領との面談日程が決まっていない」と答えた。

「文前大統領が対北朝鮮特使のような役割を果たす可能性に対して米国と韓国官僚がどのようなことを議論したのか」という相次いだ質問にサリバン補佐官は「そのような似たようなことは分からない」と答えた。

バイデン大統領がDMZを訪問するかは最後の質問にサリバン補佐官は「カリーン報道官に質問せよ」として退場した。マイクを渡されたカリーン・ジャンピエール報道官は「大統領はDMZを訪問しない」と話した。なぜ訪問しないのかという相次いだ質問には特別な説明なしに「今回の旅程ではDMZに行かない」と確認した。

ホワイトハウスはバイデン大統領の韓日訪問期間を前後にして北朝鮮が核実験やミサイル試験など挑発に出る可能性があると見ている。

サリバン補佐官は「バイデン大統領が韓国と日本を訪問する時、またはその後に北朝鮮が長距離ミサイルを含んで追加的なミサイルや核実験に出る可能性があるという確かな可能性に対する情報を持っている」と話した。

サリバン補佐官は「米国はこのような挑発の可能性を含んですべての非常状況に備えている」と述べた。

中国首脳部と電話会談した事実を公開して北朝鮮を圧迫した。サリバン補佐官は「われわれはこの問題に対して韓国・日本同盟と緊密に協力しており、中国とも対話している」とし「今日中に中国のカウンターパートと電話会談して北朝鮮問題を議論した」と伝えた。サリバンの中国側カウンターパートは楊潔チ中国共産党政治局員だ。

サリバン補佐官はバイデン歴訪が中国に与えるメッセージに関連して「われわれが今回の旅行で伝えようとするメッセージは民主主義国家と開かれた社会がともに規則を設定し、この地域の安保構造を規定し、強くて力のある歴史的な同盟を強化すれば世界がどのような姿になるかに対する肯定的なビジョンのメッセージ」と語った。

サリバン補佐官は中国を直撃する意図はないと強調した。サリバン補佐官は「今後4日間韓米、日米首脳会談とクアッド首脳会議、IPEF発足を見せれば強力なメッセージを送ることであり、そのメッセージはどこでも聞こえるだろうし、北京でもも聞こえると思う」とし「否定的なメッセージでもなく、どちらか一つの国を狙ったわけではない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バイデン大統領-文前大統領会合説に…米「面談の計画はない、今度はDMZに行かない」

    2022.05.19 07:45
    뉴스 메뉴 보기
    ジェイク・サリバン国家安保補佐官
    TOP