주요 기사 바로가기

李在鎔サムスン電子副会長、バイデン大統領の訪問控え半導体工場を点検

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.18 15:02
0
20日のバイデン米大統領のサムスン電子平沢(ピョンテク)工場訪問を控え、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長らサムスン最高経営陣が現場点検をする。李副会長が平沢工場を訪問するのは昨年1月以来1年4カ月ぶりとなる。

李副会長とサムスン経営陣は18日正午から3時まで平沢工場を訪問し、バイデン大統領の訪問に備えて事前点検および準備作業をする。この日、サムスン電子の役職員には経営陣の平沢工場訪問および道路歩行指針などが公示された。

韓米首脳会談のため20-22日に訪韓するバイデン大統領が、日程の最初に平沢工場を訪問することが有力視される。サムスンはその間、バイデン大統領の工場訪問に備えて会社紹介ブースを設置し、リハーサルを行うなど準備を進めてきた。

バイデン大統領がサムスン平沢工場を訪れれば、米国の大統領では初めて韓国の半導体工場を直接訪問することになる。中国との覇権競争の中、半導体サプライチェーンのヘゲモニーを強化するという意志と解釈される。

バイデン大統領のこの日の平沢工場訪問に李副会長が同席すれば、李副会長が自ら半導体生産施設を紹介し、グローバルサプライチェーン安定化のための韓米の協調を議論するとみられる。

バイデン大統領は昨年の就任後、半導体産業に格別の関心を見せてきた。ホワイトハウスでの半導体サプライチェーン対策会議にサムスン電子を招待した。また、サムスンは米テキサス州テイラーに170億ドル(約20兆ウォン、約2兆円)を投資し、大規模ファウンドリー工場を建設すると明らかにしている。これはサムスン電子の米国投資で最大規模であり、これに関する議論も予想される。

サムスン電子平沢工場は、単一半導体生産ラインのうち世界最大規模の工場だ。サッカー場400個分の広さの289万平方メートルの敷地に2015年から造成された。平沢第1ラインは2017年6月から量産を始め、平沢第2ラインは2018年1月に着工し、2020年にDRAM製品を初出荷した。現在第3ラインが年内の稼働を控えていて、第4ラインは基礎工事が進行中だ。

昨年1月、李副会長は新年最初の勤務日程で平沢第2工場のファウンドリー生産設備搬入式に出席した。平沢第2工場はDRAMと次世代V-NAND、超微細ファウンドリー製品まで生産する先端複合生産ラインだ。延べ面積が12万8900平方メートルでサッカー場16個分。

平沢第3ラインのクリーンルーム規模はサッカー場25個分。最先端技術が適用され、極端紫外線(EUV)技術が適用された14ナノDRAMと5ナノロジック製品を量産する計画だ。すべての工程はスマート制御システムで全自動で管理される。

ただ、バイデン大統領のサムスン工場訪問が有力視される20日に李副会長の裁判の日程が決まっている点が変数となる。李副会長は20日午前10時からサムスンバイオロジクス粉飾決算疑惑に関する裁判への出席が予定されている。この裁判は3週に1回ずつ金曜日に開かれるが、ほとんどが午前から午後まで続いたという。李副会長側が期日前に公判期日変更申請をして裁判所に事由を伝え、裁判日を変更する可能性もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    李在鎔サムスン電子副会長、バイデン大統領の訪問控え半導体工場を点検

    2022.05.18 15:02
    뉴스 메뉴 보기
    昨年1月、サムスン電子平沢工場を訪問した李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長 [写真 サムスン電子]
    TOP