주요 기사 바로가기

日本アニメ『鬼滅の刃』女性キャラクターの露出衣装、中国では大幅修正処理

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.18 08:41
0
日本の人気アニメ『鬼滅の刃』が中国に輸出されたが、露出度の高い女性キャラクターの衣装に修正が加えられていたことが分かった。

17日、関連の業界によると、中国では3月5日(現地時間)に『鬼滅の刃:遊郭編』シリーズが公開された。該当シリーズは他の国では12月初めから放映が始まったが、中国では3カ月ほど時差を置いて放映された。

ネット上では、中国当局の検閲による女性キャラクターの露出場面修正のために3カ月という時間が必要だったとみている。

オリジナル版の女性キャラクターのほとんどは、物語の設定特性上、胸の部分が大きく開いた衣装を着て登場しているが、中国版ではキャラクターの露出部位が覆われるように衣装に修正が加えられた。

海外の映画・アニメ専門メディア「ComicBook.com」など外信でも「『鬼滅の刃』がまた検閲を受けた」とし、中国版では女性キャラクターの衣装が変更され、他の国とは違うと伝えた。

該当シリーズは韓国では「青少年観覧不可」等級、中国では「16歳以上推奨観覧」として公開された。

これより前のシリーズでは首が切られたり血が出たりするなどの残忍な場面があるという理由で中国で検閲が入ったことがある。

今回の「遊郭編」では戦いの最中に身体の一部が切られるなどの場面が検閲されなかったとの分析が国内外のネット上で出ている。

ネット上では『鬼滅の刃』に対する中国のこのような2回目の検閲に「あの時代にレギンスと(ブラ)トップを着るとは」「残忍な場面はそのまま出てくるのに露出場面だけ修正が加えられたのは変だ」「観覧等級があるのに行き過ぎた処置」と中国当局の検閲を批判した。

現地で作品に接した中国一部視聴者は今回の検閲を巡って不自然だとして批判的な意見を出した。反面、別の視聴者は必要以上の露出衣装は不適切なのでアニメを視聴する青少年のためにも修正処理は望ましいことだったと対抗した。

一方、中国は2015年に日本アニメ38本を全面的に締め出すなど文化コンテンツに関連した検閲を大幅に強化している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本アニメ『鬼滅の刃』女性キャラクターの露出衣装、中国では大幅修正処理

    2022.05.18 08:41
    뉴스 메뉴 보기
    アニメ『鬼滅の刃:遊郭編』の韓国版ポスター
    TOP