주요 기사 바로가기

120万人「死のコロナ」襲った北朝鮮…「致命率0.004%」のミステリー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.17 08:10
0
北朝鮮で新型コロナ関連の発熱患者が120万人を超えた(4月末から累計基準)。北朝鮮メディアは16日、「14日18時から15日18時まで全国的に39万2920人の有熱者(発熱者)が新たに発生し、8人が死亡した」と伝えた。一日の新規発熱患者が40万人に迫るほど急増中で、オミクロン株が北朝鮮全域に広がる状況だ。

◆感染者数に比べて少ない死亡者数

北朝鮮はこれまで国営メディアを通じて新型コロナ関連の外部状況を随時伝えてきた。特に「死の暴風」「悪性伝染病」などの表現を使いながら、新型コロナを致命的な病気として描写した。北朝鮮ではコロナ感染者が「0」という点を強調しながら刺激的な表現を動員してきた。

ところが北朝鮮が明らかにした死亡者数は50人にすぎない。北朝鮮メディアが伝えた累計発熱患者数は約121万3550人(15日18時基準)だ。この数字に基づくと累計発熱患者に対する致命率は約0.004%にすぎない。これは世界的にも低い方に属する韓国の致命率(0.13%)と比べてもはるかに低い。

これと関し専門家は北朝鮮が新型コロナ関連の死亡者数を縮小して発表した可能性があるという意見を出した。

統一研究院のオ・ギョンソプ研究委員は「北が明らかにした死亡者数は全世界的な平均致命率と比べて非常に低い」とし「ワクチン接種率がゼロに近い点、栄養状態が良くない点、住民が脆弱な免疫力を持つ点を考慮する必要がある」と話した。

実際、世界の新型コロナ致命率は平均で約1.2%。予防接種はもちろん防疫体系がまともに作動していない北朝鮮の致命率がそれより低いという主張は信じがたい。

防疫が効果を得るには、深刻な状況を公開して住民の警戒心を高めることが必須だが、数値をそのまま公開すれば崩壊した保健インフラ実態を対内外的と認める格好になるため、ジレンマが作用した可能性がある。

◆非科学的な恐怖を警戒する北朝鮮

別の方法で住民を導こうという動きも表れている。

労働新聞はこの日、「科学的な防疫意識向上が重要だ」と題した記事で「悪性ウイルスより危険な敵は非科学的な恐怖と信念不足、意志薄弱」と指摘した。また、薬物の乱用による死亡者が多いことに関連し「悪性伝染病に対する認識と理解が不足し、治療方法をよく知らないために生じている」と伝えた。

防疫と治療について正確に知らせる広報物が必要だという声も出ている。同紙は「幹部が住民の中に深く入り込んで伝染病に対する不安を解消すべき」とし「大衆の理解を深める多様な編集物を大量に作り、広く普及させることが重要だ」と伝えた。

「コロナ清浄国」など自国の防疫の優越性を強調するために他国の新型コロナ状況や危険性を強調してきたメディアが、今では住民の過剰恐怖を収拾するために戦々恐々としているのだ。

IBK経済研究所のチョン・ユソク北朝鮮経済チーム研究委員は「北のメディアはこれまで外部の新型コロナ感染状況を詳しく扱いながらも、治療薬や予防ワクチンが開発されたという内容はまともに伝えてこなかった」とし「今は住民の恐怖心が広がるのを防ぐため、薬物の乱用を主な死亡原因と見なして民心の収拾に出たとみられる」と話した。

◆金正恩委員長の指示も医薬品不足は相変わらず

北朝鮮内で新規発熱患者が急増しているが、関連機関の対応は十分でないとみられる。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は15日、前日に続いて開かれた政治局非常協議会で「(予備医薬品の普及に関する)非常指示をしたが、すぐに執行されていない」とし、内閣・保健部門の事業態度と執行力を強く批判した。

このように「最高尊厳」の非常指示にもかかわらず医薬品が供給されず再度叱責すること自体が、深刻な医薬品不足を傍証しているという指摘だ。中朝間の国境を封鎖した2020年1月以降、北朝鮮の医薬品輸入はほとんど中断した。貨物列車で一部の医薬品を輸入したが、急増する患者数を考慮すると、適切な供給が不可能な状況という分析だ。

慶南大極東問題研究所のイム・ウルチュル教授は「北が現段階で最も必要とする薬品は発熱患者の治療に必要な解熱剤」とし「医薬品不足のため民間療法に依存する状況で犠牲者が続出し、これによる民心の悪化は避けられないとみられる」と話した。

世界保健機関(WHO)も声明で「北朝鮮で新型コロナが急速に拡大する危険がある」と懸念を表した。北朝鮮がまだ新型コロナワクチン接種を始めていないという点を根拠に挙げながらだ。WHOは「北朝鮮政府に支援を提供する準備ができている」とし「新型コロナ拡大に関連して北朝鮮からの情報を待っている」と明らかにした。

一方、韓国統一部はこの日午前11時、コロナ防疫協力と関連し、南北共同連絡事務所を通じて権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官名義の北朝鮮通知文を金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部部長に送ろうとしたが、「北側がまだ通知文を受ける意思を明らかにしていない状況」と午後に明らかにした。続いて「ワクチンをはじめとする医薬品・マスク・診断道具などを提供し、防疫経験など技術協力を進める用意があることを明らかにする一方、このために南北間の実務接触を提案する内容の通知文を送る考え」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    120万人「死のコロナ」襲った北朝鮮…「致命率0.004%」のミステリー

    2022.05.17 08:10
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の国旗 平壌写真共同取材団
    TOP