주요 기사 바로가기

テラ運営元が担保として保有…35億ドル相当のビットコインの行方は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.17 07:32
0
99.99%急落した「ルナ」と姉妹暗号資産である「テラ」の価値を守るためにテラフォームラボが保有してきた35億ドル(約4523億円)相当のビットコインの行方に対し投資家とメディアが疑惑を提起し、テラフォームラボが16日にビットコインの大部分をテラの価値防衛にすでに使ったと明らかにした。

ルナ財団は16日にツイッターを通じ「テラの価格防衛に向け9日から13日までに保有していた8万ビットコインを使い313ビットコインが残った」と明らかにした。ルナ財団(LFG)はテラフォームラボが「テラ生態系」を支援するために作った。ルナ財団は「テラの価格が1ドル以下に落ち、ビットコイン(BTC)、テザー(USDT)、バイナンスコイン(BNB)などの準備金のうち合計3兆5000億ウォン分をテラに交換した」という立場だ。

ルナ財団が明らかにした現在残っている準備金は313ビットコイン、3万9914バイナンスコイン、197万3554アバランチ(AVAX)、18億4707万テラ(UST)、2億2271万ルナなどで、16日午後の相場で換算すると3億2230万ドル規模だ。ルナ財団は「残った資産はテラ小口保有者にまず補償するのに使う。多様な配布方法を協議中で近く公表する」と明らかにした。

ブルームバーグはこれに先立ち15日に「ブロックチェーン分析企業のエリプティックによると35億ドル相当のビットコインが入っていたルナ財団の電子ウォレットが10日に空になった。暗号資産取引所のジェミニとバイナンスの口座にそれぞれ振り替えされた」と報道した。続けて「この取引所の口座でビットコインを売ったのか、他のウォレットに移したのかは追跡できない」と指摘した。

ルナ財団は8万394ビットコインを保有していた。世界で7番目に多くのビットコインを持つ電子ウォレットだ。当時の時価で35億ドル規模に達する。6日に15億ドル規模となる3万7863ビットコインを追加で取得し規模を拡大した。

ビットコイン取得資金はほとんどがテラとルナで集めた資金だ。テラフォームラボのクォン・ドヒョン代表は「7-9月期末までに100億ドルのビットコインを保有する」と話したりもした。テラフォームラボがビットコインを買い入れたのは自ら発行したステイブルコインのテラの価値を防衛するためだった。テラの価値は1ドルで固定されている。

このため8日にテラの価格が0.98ドルまで落ちた時に暗号資産投資家はルナ財団がビットコインを売ってテラの価格を引き上げると予想した。暗号資産投資コミュニティで「救助隊がすぐくるだろう。待とう」という話が出た理由だ。

だがルナ財団は8万ビットコインを使ってもテラの価格を1ドルに戻すことができなかった。

こうした現実に対し暗号資産専門メディアのコインデスクは12日、「クォン代表は暗号資産界のエリザベス・ホームズ」と報道した。セラノス最高経営責任者(CEO)だったホームズは数滴の血液で260種類以上の疾病を診断できる「エジソン」という血液検査機器を開発して億万長者になったが、この技術が詐欺だという暴露で没落した。

コインデスクは「ホームズは事業に失敗したのでなく自身に新しい技術がないということを知りながら投資家をだました。クォン代表もやはりこれに先立ち失敗した他のアルゴリズム基盤のステイブルコインのようにテラが失敗することを知りながら投資金を集めた」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    テラ運営元が担保として保有…35億ドル相当のビットコインの行方は?

    2022.05.17 07:32
    뉴스 메뉴 보기
    テラフォームラボのクォン・ドヒョン代表
    TOP