주요 기사 바로가기

ホワイトハウス「北朝鮮、今月中に核実験の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.13 16:02
0
米ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は12日(現地時間)、記者会見で北朝鮮の核実験動向を尋ねられ「北朝鮮が早ければ今月に第7次核実験を行う準備ができているかもしれないと評価する」と述べた。続いて「我々はこの情報を同盟、パートナーと共有していて、緊密に調整している」と明らかにした。これに先立ち、6日米国務省副報道官もこのように展望していた。

これに伴い、北朝鮮がジョー・バイデン大統領の20~22日の訪韓を前後して核実験で韓米を威嚇する可能性があるという観測も出ている。

北朝鮮の挑発威嚇が続いていることから、今回の韓米首脳会談の核心議題は北核やミサイルなどの挑発抑制方案および強力な韓米同盟再確認になる見通しだ。

サキ報道官はバイデン大統領の韓日歴訪の際、北朝鮮のミサイルや各種威嚇などについて議論すると明らかにした。サキ報道官は「(今回の訪韓を通じてバイデン大統領は)同盟を強化して、韓国安保に対する我々の約束を明確にするだろう」と知らせた。

サキ報道官はバイデン大統領が訪韓時に非武装地帯(DMZ)を訪問するかどうか質問を受けると「DMZは韓国を訪れるときによく訪問する場所」としながらも「歴訪日程に対する細部事項の最終段階」と述べた。

この日、ホワイトハウスは北朝鮮の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)感染者発生に関連し、現在のところワクチンを支援する計画はないと明らかにした。ただし、北朝鮮住民に対する人道的支援に対しては依然と可能性を残しておいた。

ホワイトハウス国家安保会議(NSC)は論評を通じて「ワクチンを共有する計画を立てていない」としつつも「北朝鮮に対して緊急な人道主義的支援を提供しようとする国際的な取り組みは継続していく」と明らかにした。

サキ報道官も会見で、北朝鮮がこれまで国際ワクチン共同購入プロジェクト「コバックス(COVAX)」の寄付提案を繰り返して拒否してきた点をまず言及した。サキ報道官は「北朝鮮がワクチン支援の面からだけでなく、北朝鮮住民に大きく役立つさまざまな分野の人道的支援を拒否している」とし「自国民を引き続き搾取している」と指摘した。また「不法な核と弾道ミサイルプログラムを開発するのに資源を転用している」とも批判した。

ただし今後ワクチンを支援する可能性まで基本的に閉じているわけではなかった。サキ報道官は「最も脆弱な北朝鮮住民に人道的支援を提供しようとする国際的な取り組みは引き続き支持する」と付け加えた。

北朝鮮の直・間接的な要請がある場合、国際社会を通じて米国産ワクチンを送ることができるという考意味とも取れる部分だ。北朝鮮は昨年、コバックスが配分した297万回分の中国産シノバックワクチンを拒否した。また、アストラゼネカワクチンも副作用を懸念して拒否したと伝えられ、結局ファイザーかモデルナなど米国産ワクチンの支援を希望しているいう解釈が出てきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP