주요 기사 바로가기

米専門家「超大型ロケット砲(KN-25)撃った…1発は失敗の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.13 13:37
0
北朝鮮が12日夕方、奇襲的に短距離弾道ミサイル3発を撃った中で、米国専門家の間で超大型ロケット砲「KN-25」発射の可能性が提起された。

13日、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送によると、ランド研究所上級研究員のブルース・ベネット氏は「超大型ロケット砲を最大射程距離である約350~400キロまで撃つには高度を90キロメートルまで上昇させなければならない」とし「これまでKN-25がこのような飛行軌跡を見せた」と説明した。あわせて「KN-25は(4連装の場合)ミサイル4発を発射できるが、今回3発だけが探知されたということは残りの1発が発射初期に失敗して(韓国軍の)レーダーで確認できなかった可能性がある」とし「これは該当ミサイル体系の信頼性が落ちる程度を表している」と分析した。

これに先立ち、韓国軍当局は12日午後6時29分ごろ、平壌(ピョンヤン)順安(スナン)一帯から東海(トンへ、日本名・日本海)上に発射した短距離弾道ミサイル3発が高度約90キロメートル・約360キロメートルを飛行したと明らかにした。速度は約マッハ5であることが探知された。軍関係者は「約20秒間隔で3発が連続発射された」と話した。

このため軍内でも「北朝鮮が『超大型ロケット砲』と呼ぶKN-25かもしれない」という観測が出てきた。ロケット砲は多連装ロケットの北朝鮮式名称で、KN-25は4・5・6連装など3種類が2020年10月の軍事パレードで公開された。韓米軍当局はKN-25が精密打撃のための誘導機能を備えていると見て短距離弾道ミサイルに分類している。

これに関連してベネット氏は「最近長距離ミサイルの発射に注力していた北朝鮮が『戦術ミサイル』の試験をしたことに注目する必要がある」とし「ロシアがミサイル不足で中国にミサイルを要請したように北朝鮮も度重なるミサイル試験で長距離ミサイルが消耗した可能性もある」と放送で話した。

専門家は北朝鮮が核兵器小型化に成功する場合、KN-25に戦術核を搭載するとみている。ミドルベリー国際学研究所ジェームズ・マーティン不拡散研究センター東アジア局長のジェフリー・ルイス氏は「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長をはじめ、北朝鮮当局は繰り返し戦術核の開発を強調している」とし「ロケット設計や北朝鮮の声明などを考慮するとKN-25も戦術核武器用とみられる」と指摘した。

カーネギー国際平和財団のアンキット・パンダ上級研究員も放送で「今回の発射がKN-25類型の試験とみられる」と述べた。ただしパンダ氏は「日常的な作戦訓練の一環として技術的に特に注目すべき点は見られない」と評価した。

北朝鮮は今回のミサイル発射に関連してまだ公式発表をしなかった。尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領就任以前の4日と7日に相次いで発射したミサイルに対しても口を閉ざしている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP