주요 기사 바로가기

韓国浦項市は「悔しい」? 干しイカ裸足映像を調べてみると

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.12 13:38
0
慶尚北道浦項(キョンサンブクド・ポハン)で外国人労働者が干しイカを裸足で踏んで伸ばす映像が公開されて物議を醸している中、該当の映像は外国人船員が船で乾燥したイカの一部を宿舎に持ってきて加工していた場面だったことが確認された。

12日、浦項市によると、該当の映像に登場する場所は干しイカを生産する企業ではなく外国人船員が滞在する宿舎であることが分かった。外国人船員はイカ漁船で働きながら、普段、船主からもらった干しイカを宿舎に持ってきて加工していたという。実際の映像の中で、船員は衛生帽子や手袋など基本的な装備すら身に着けていなかった。

浦項市の調査結果、外国人船員は宿舎に持ってきたイカを家族が住む家に送ったり、一部市場で売ったことが分かった。このような非衛生な方法で加工されたイカは大量流通してはいなかったが、船員が直接販売した一部の物量が市中に出回っていたという意味だ。

これに先立って11日、ベトナム国籍の男性Aさんがソーシャルメディアに「過ぎた日々を追憶しながら」というコメントを添えて約1分間の干しイカ加工作業とみられる映像を公開した。この映像には男性4人が干しイカの山の前で囲むように座り、裸足でイカを足で踏んで伸ばす様子が含まれていた。Aさんが映像を撮影した場所は浦項南区九龍(クリョン)浦にある外国人船員宿舎であることが明らかになった。

Aさんは韓国に1年以上滞在しながら外国人労働者として仕事をしたと推定される。AさんのSNSには昨年1月から浦項市内の建設現場と水産市場で働いている映像が掲載されている。

該当の映像がSNS上に広がると、韓国のネット上では「食品衛生法違反ではないか」「絶対イカを買って食べられない」「韓国で本当に起きたことなのか」などの反応が相次いだ。

浦項地域には干しイカを生産する企業が合計37社あり、イカの乾燥や加工作業はすべて宿舎ではなく衛生施設を備えた場所で行っている。特にイカを平たく伸ばす作業は小型プレス機を使っている。

浦項市は映像の中の外国人船員の所在を調べており、市中にどれくらいイカを販売したのか調査する方針だ。

浦項市関係者は「外国人船員の個人的な映像から誤解が発生した。今回のことで干しイカ生産業者全体が非衛生的な施設だとお叱りを受けなければと思う」とし「外国人船員の指導点検とあわせて国民に安全で衛生的な水産物を供給するために生産業者に対する衛生指導点検を徹底していきたい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国浦項市は「悔しい」? 干しイカ裸足映像を調べてみると

    2022.05.12 13:38
    뉴스 메뉴 보기
    慶尚北道浦項(キョンサンブクド・ポハン)のある水産物市場の勤務者とみられる外国人労働者が素足(赤い円)で干しイカを伸ばす作業をしている。[写真 TikTok キャプチャー]
    TOP