주요 기사 바로가기

韓国浦項で裸足で干しイカを伸ばす映像が波紋に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.12 10:41
0
慶北浦項市(キョンブク・ポハンシ)のある水産物市場で勤めていた労働者が裸足で干しイカを踏みつけて加工する映像を公開して物議をかもしている。緊急調査に出た浦項市はこのイカが市中に大量に流通されたわけではないと把握している。

11日、ベトナム男性Aさんは自身のティクトクアカウントに「過ぎた日々を追憶しながら」というコメントとともに1分程度の干しイカ加工作業の映像を公開した。

映像には男性4人が干しイカ数百匹を床に並べてかかとなどを使って平たく伸ばす場面が映されている。彼らは衛生手袋やマスクも着用せず、床に座り込んで干しイカを触っていた。また履いていたスリッパをイカとともに置いたりした。

MBC(文化放送)の報道によると、Aさんが映像を撮影した場所は浦項九龍(クリョン)浦にある外国人船員宿舎ということが分かった。

MBCは、彼らがイカ漁船で働きながら普段船主から受けたイカを干して家に送ったり、近隣市場に少しずつ持ち出して売ったりしたものと推定されると報じた。

物議が広がると、浦項市は緊急調査を始めた。市は該当イカが市中に大量に流通されたわけではないと把握している。

浦項市関係者はMBCに「最近、イカがとても徹底的に管理されるため、このような形で流通されていた物が再包装されて販売されることは不可能だ」と話した。イカ業界関係者も「現在、ほぼすべての会社が現代式機械を利用して乾燥作業を行っており、衛生管理に最善を尽くしている」と明らかにした。

浦項市は正確な流通量などを確認するために映像の中の外国人船員の所在を把握している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国浦項で裸足で干しイカを伸ばす映像が波紋に

    2022.05.12 10:41
    뉴스 메뉴 보기
    慶北浦項市のある水産物市場の勤務者とみられる外国人労働者が素足(赤い円)で干しイカを伸ばす作業をしている。[ティクトク キャプチャー]
    TOP