주요 기사 바로가기

【社説】「自由」強調した尹大統領、統合も忘れてはならない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.11 14:23
0
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)新大統領は昨日、多くの約束をしなかった。その代わり目指すところを明確にした。自由民主主義と市場経済体制の下で「自由・人権・公正・連帯の価値を基盤に国民が真の主人である国」 「国際社会で責任を果たして尊敬を受ける国」だ。そして「国民と共に必ずつくっていく」と述べた。前任者が数十件の約束を入れて就任演説をしたのとは異なる。

統治の言語も違った。3450字の就任演説で「自由」が35回も登場した。歴代大統領の辞典になかった「自由市民」、それが国境の外に拡張された「世界市民」も登場した。尹大統領が10カ月ほど前に政治参加を宣言しながら「自由が抜けた民主主義は本当の民主主義ではない」と述べたが、その価値観が込められた。

尹大統領はまずパンデミック危機、超低成長、大規模失業、二極化と社会的葛藤など複合危機に言及し、「この問題を解決すべき政治は、いわゆる民主主義の危機のため機能していない」と診断し、最も大きな原因に「反知性主義」を挙げた。尹大統領は「国家内部の過度な集団的葛藤により真実が歪曲され、各自が見聞きしたい事実だけを選択したり、多数の力で相手の意見を抑圧する反知性主義が民主主義を危機に陥れている」と述べた。正確な認識だとみる。陣営思考が合意の余地を狭めているからだ。ただ、大統領として共感と合意の基盤を広げる責務に言及しなかったのは残念だ。統合は演説に一度も登場しなかった。0.73%ポイント差の辛勝に少数与党の国会は、尹大統領が先に他の陣営に手を差し伸べることを要求している。

尹大統領の自由論は印象的だった。尹大統領は「繁栄と豊かさ、経済的成長は自由の拡大だ」とし「我々の社会のすべての構成員が自由市民にならなければいけない」と述べた。そして「勝者独占でなく一定水準の経済的基礎、公正な教育と文化の接近機会が保障されるべき」「誰もが自由市民になるためには公正な規則を守り、連帯と博愛の精神を持たなければいけない」と強調した。積極的で進取的な概念の自由だ。しかし尹大統領は、大統領選挙の過程で選択の自由を強調するレベルで引用した「120時間労働」「不正食品を食べる自由」が激しい批判を呼んだことも忘れてはいけない。進歩陣営はすぐに「市場の自由を意味したものではないのか」と反発した。きめ細かな接近が必要だ。

尹大統領が国内問題では「速い成長」を解決法として提示し、科学と技術、そして革新によってのみ実現できると述べたのは当為論だった。具体的な政策や方法論がなかったのは残念だ。尹大統領が「一時的に戦争を回避する脆弱な平和」でなく「自由と繁栄の花を咲かせる持続可能な平和」を述べながらも、北朝鮮との対話に扉を開いておいたのは歓迎できる。「北が核開発を中断して実質的に非核化に転換すれば、国際社会と協力して北の経済と住民の生活の質を画期的に改善できる大胆な計画を準備する」と述べたが、これは李明博(イ・ミョンバク)元大統領時の対北朝鮮政策を思い出させる。当時の失敗を繰り返さない差別化を期待したい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】「自由」強調した尹大統領、統合も忘れてはならない

    2022.05.11 14:23
    뉴스 메뉴 보기
    10日午前、ソウル汝矣島(ヨイド)国会で開かれた第20代大統領就任式で演説する尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領。 キム・ソンリョン記者
    TOP