주요 기사 바로가기

韓国与党・民主党、文大統領の退任に「『誰も揺さぶりをかけられない国』になった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.10 08:47
0
韓国与党・共に民主党は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期最後の日である9日「大韓民国は(過去5年間)『誰も揺さぶりをかけられない国』になった」と評価した。

民主党のコ・ヨンジン首席報道官はこの日、書面ブリーフィングで「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今日大韓民国大統領の任期を成功裏に終える」としてこのように明らかにした。

コ首席報道官は「民主党は文在寅大統領とともにした過去5年が誇らしい」として「文大統領は87年直選制以降大統領選挙で得た得票率より国政評価の全体の肯定率が高い初めての大統領」と述べた。

また、「文大統領の5年は崩れた憲政秩序と戦争危機の不安な情勢で任期を始めた後、挑発と危機、克服と飛躍の時間だった」として「文大統領は国らしい国に向かった国民的熱望を敬って改革に最善を尽くした。国政運営で『ヒトが先だ』という哲学を定着させた」と明らかにした。

コ首席報道官は「過去5年間大韓民国の国民はさらに強くなり、大韓民国の国際的地位はさらに高まった」とし「文大統領の労苦に深い尊敬と謝意を表する。文大統領を信頼してともにして下さった国民の皆様にも深い感謝を申し上げる」とした。

コ首席報道官は文大統領がこの日、退任の辞で「ロウソクの広場の熱望にわが政府がどれくらい応じたのか厳かな気がする」と話し、「文大統領の自己反省を重く受け止める」として「文在寅政府の成果を継承し、不十分な点は省察・補完する努力を止まらないだろう」と付け加えた。同時に、「新政府が政略的な目的で文在寅政府の成就を否定して歴史を戻そうとすれば、野党としても自らの役割を果たすことをお約束する」とも話した。

文大統領に向かった民主党指導部をはじめ、議員の感謝のあいさつも続いた。尹昊重(ユン・ホジュン)非常対策委員長も午前の非常対策委会議の冒頭発言で文在寅政府を「国民とともに歩んできた時間だった」と評価して「もう自由人として、国民の一人としてゆっくり休めるように民主党が本当に最善を尽くす」と明らかにした。

文在寅政府で首相を務めた李洛淵(イ・ナギョン)元院内代表はこの日明け方、フェイスブックに「いつも真剣に国政に臨まれた文大統領の労苦を忘れない」とし「文在寅政府の成就は継続し、不足した点は満たし、誤りは是正するように願う」と書いた。

宋永吉(ソン・ヨンギル)ソウル市長候補も「大韓民国の国民というのが本当に誇らしい時間だった」として「民主主義平和の価値を継承・発展させていく」とした。

金斗官(キム・ドゥグァン)議員は「成功した大統領か失敗した大統領かというのは意味がない。たとえ残念な気持ちは残っても大統領は心より最善を尽くされた」と評価した。

禹元植(ウ・ウォンシク)元院内代表は「前職大統領の弾劾の中で国政安定、韓半島(朝鮮半島)戦争の危機、日本の不当な輸出規制、新型コロナパンデミックなど対内外危機にも揺れることなく大韓民国を守った」として「尊敬される大韓民国の大きな大人として、時間が経つほどさらに貴重な大統領として評価されるだろう」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党・民主党、文大統領の退任に「『誰も揺さぶりをかけられない国』になった」

    2022.05.10 08:47
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領と金正淑夫人が9日午後、青瓦台前の噴水台で出迎えに来た市民たちに感謝の挨拶をしている。[写真 青瓦台]
    TOP