주요 기사 바로가기

大統領就任式に招待された脱北者団体代表「北朝鮮向けビラ100万枚再度散布する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.09 17:11
0
脱北者団体の自由北朝鮮運動連合は先月25日と26日に北朝鮮向けにビラを散布したのに続き、近くビラ100万枚を北朝鮮向けに再び散布する計画だと明らかにし議論が予想される。自由北朝鮮運動連合は7日に報道資料を出し、「近く事実と真実の手紙、自由と希望の消息誌である対北朝鮮ビラ100万枚を再び愛する北朝鮮同胞に送るだろう」と明らかにした。

◇「近くビラ100万枚再散布する計画」

同連合は「昨年だけでも北朝鮮向けビラを犯罪視しあれほど騒いだ文在寅(ムン・ジェイン)政権も金正恩(キム・ジョンウン)も静まりかえりなにも言わなくなった。政権が変わるので社会も少し変わったようだと私の同志たちは話す」とした。

◇尹錫悦次期大統領就任式の招待状公開

自由北朝鮮運動連合はこれとともに「まだもう少し見守らなくてはならないが、ありがたくも尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領就任準備委員会で本人から国民代表資格で就任式に招待された」として尹錫悦大統領就任式の招待と入場カードを公開した。その上で「尹錫悦大統領に感謝申し上げ、候補時代に話された所信通りに大韓民国を憲法精神のままにしっかりと率いて成功するよう心から祈る」とした。

◇先月末には金浦地域からビラ散布

これに先立ち自由北朝鮮運動連合は先月25~26日に京畿道金浦(キョンギド・キンポ)で尹次期大統領の写真などが入れられた北朝鮮向けビラ100万枚を大型気球20個にぶら下げて北朝鮮に飛ばした。これと関連し同連合はこの日、「現地ヒューミントと確認した結果、平壌(ピョンヤン)、南浦(ナムポ)、沙里院(サリウォン)地域にたくさん散布されたと連絡がきた」と明らかにした。ヒューミントとは人(ヒューマン)と情報(インテリジェンス)の合成語で、人を通じて収集した情報を意味する。

◇ビラ散布めぐる賛否議論再燃も

この団体の対北朝鮮ビラ散布再開により、ビラ散布の賛否と住民の安全などをめぐり尹錫悦政権発足直後からビラ散布問題が再び議論になりかねない状況だ。

これは境界地域住民の命と安全のため制定され施行中の法律である「対北朝鮮ビラ禁止法」に反するためだ。対北朝鮮ビラ禁止法は軍事境界線一帯での対北朝鮮拡声器放送とビラなどの散布に対し最大3年以下の懲役や3000万ウォン以下の罰金で処罰できるよう規定している。

これまで京畿道の坡州(パジュ)、漣川(ヨンチョン)、金浦など境界地域の相当数の住民と自治体は北朝鮮へのビラ散布に反対してきた。彼らは「休戦から70年間境界地域住民たちはビラが散布されるたびに南北間の緊張と軍事的衝突の可能性が極端に上昇し不安に苦しめられている。ビラ散布は表現の自由ではなく安全で平和な人生を望む境界地域住民の望みを一瞬で崩す無責任な行為」として批判している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大統領就任式に招待された脱北者団体代表「北朝鮮向けビラ100万枚再度散布する」

    2022.05.09 17:11
    뉴스 메뉴 보기
    脱北者団体の自由北朝鮮運動連合は先月25~26日に京畿道金浦から尹錫悦次期大統領の写真などが入った北朝鮮向けビラ100万枚を大型気球20個にぶら下げて北朝鮮に飛ばしたと明らかにした。写真は自由北朝鮮運動連合のパク・サンハク代表が飛ばす前のビラを手にしている姿。[写真 自由北朝鮮運動連合]
    TOP