주요 기사 바로가기

「カン・スヨンはなぜ亡くなったか」映像を投稿した韓国放送人が謝罪「私が無礼だった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.09 14:12
0
韓国医学専門記者出身の放送人ホン・ヘゴル氏が女優カン・スヨンさんの死亡に関連した映像を掲載したところ批判の声があがり謝罪した。

ホン氏は8日、YouTube(ユーチューブ)チャネル「医学チャネル 雨が降った後」で「カン・スヨンはなぜ亡くなったか」と題する映像を投稿し、故人の死因などについて解説した。

これをめぐり、一部からタイトルが不適切だという指摘を受けると、ホン氏は該当の映像の題名を「カン・スヨン死去の原因と対策」に変更した後、コメント欄に謝罪文を掲載した。

ホン氏は「私が投稿したカン・スヨンさんの死因についてのYouTube映像に若干の批判がある」とし「『カン・スヨンはなぜ亡くなったか』というタイトルが問題だったようだ」と書き始めた。

続いて「ファンの方々にはやや無礼に映ったかもしれない。大衆を相手にするメディア従事者は感情に敏感にならなければならないのに、私に足りない部分があった」と言って頭を下げた。

あわせて「『カン・スヨン死去の原因と対策』に変更して投稿し直すことにした」とし「この場をお借りして傷ついた方々にお詫び申し上げる」と付け加えた。

該当の映像でホン氏は故人の死因を「脳動脈瘤破裂による脳出血」と推測してその根拠を提示した。

映像でホン氏は「昨日(7日)、韓国を代表する女優カン・スヨンさんが残念なことにお亡くなりになった」とし「3日間、意識不明状態で、結局亡くなってしまった」とし「この方が亡くなるまでの過程で医学的に疑問に思う点を中心に説明することにする」と明らかにした。

ホン氏は「カンさんは血圧が高かったのか、たばこを吸っていたのか、酒がお好きなのかについて、私は全く知らない。今までニュースで報道された内容を中心に、私が取材した内容を皆さんにお知らせするものなので、確定的な真実ではないことを念頭に置いてほしい」とし「専門家が有力だと考える原因は脳動脈瘤という疾患」と説明した。

あわせて「ニュースによると、故人が頭痛を訴えていて、家族が病院に行って診療受けるよう勧めたという。故人は我慢すると言って少し後で病院に行くと言ったそうだ」とし「脳動脈瘤は突然破裂する場合もあるが、初期は徐々に少量ずつ血が漏れる。これを先行出血というが、この時にいち早く病院に行っていたなら手術で出血部位を処置して命を救うことができたかもしれない。その時間に病院に行くことができなかったのが残念」と付け加えた。

一方、カン・スヨンさんは自宅で脳出血の症状で倒れた後、3日目意識不明状態で病院治療を受け、7日に享年55歳で亡くなった。

焼香所はサムスンソウル病院内に設けられ、葬儀は映画人葬で行う。葬儀委員長は江陵(カンヌン)国際映画祭理事長の金東虎 (キム・ドンホ)氏が務める。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「カン・スヨンはなぜ亡くなったか」映像を投稿した韓国放送人が謝罪「私が無礼だった」

    2022.05.09 14:12
    뉴스 메뉴 보기
    故カン・スヨンさんの焼香所が今月8日、サムスンソウル病院内に設けられた。[写真 カン・スヨン俳優葬儀委員会]
    TOP