주요 기사 바로가기

尹錫悦次期大統領「金正恩との会談? 避ける理由はない…北との文化交流円滑であるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.08 10:46
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領は7日、ボイス・オブ・アメリカとのインタビューで「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と直接会う用意があるか」という質問に、「会うのをあえて避ける理由はない」と答えた。

続けて「ただ会って何の成果もないとか、またはアピール式の成果だけで非核化や北朝鮮に対する経済支援における実質的結果がないならば北朝鮮の非核化、南北関係進展に特に役に立たなさそうだ。ただ私たちが韓民族だということは間違いないため文化とスポーツ交流は少し円滑にすべきではないかとの考えを持っている」と説明した。

尹次期大統領は「戦時作戦統制権転換をいまの進行速度よりさらに早める必要はないということなのか」との質問に対しては、「戦争で勝利する最も効果的な道が何なのかにより決定されるべきことであり、ある名分や理念で決定される問題ではない」と答えた。

彼は「ひとまずわれわれが相当なレベルの監視・偵察・情報能力を確保し、合同作戦を指揮できる情報力を持たなければならない。米国より優れていなくてもある程度監視・偵察資産を確保し、そのシステムを運用すべきだが、その準備が少し不十分だと考えている」と説明した。

その上で「北朝鮮の核に対して、ミサイル攻撃に対応できる防衛体系をさらに高度化させることがひとまず必須ではないか。この2種類に集中すればあえて米国も作戦指揮権を渡すことに対し大きく反対したりはしないだろう」と説明した。

尹次期大統領は「戦争で勝つ最も効率的な方法が何かによって作戦指揮権の所在が決定されるだろう」と強調した。

合わせて「北朝鮮の核対応はその時ごとに便宜的に頻繁に変えてはならない。一貫したシグナルとメッセージを与えなければならない。北朝鮮が少しでも核を放棄するとか核査察を受け入れるとか不可逆的非核化措置を断行することになれば、北朝鮮の経済状況を大幅に改善できるプログラムもすべて点検し準備しておくつもりだ」と話した。

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹錫悦次期大統領「金正恩との会談? 避ける理由はない…北との文化交流円滑であるべき」

    2022.05.08 10:46
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦次期大統領が大統領室として使うことになる竜山の国防部庁舎に新たに設置された国家危機管理センターで6日、安保状況点検会議を主宰している。[写真 次期大統領報道官室]
    TOP