주요 기사 바로가기

「バイデン大統領、訪韓中に北拡大抑止は鉄壁と再確認」(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2022.05.07 12:32
0
就任後初めてアジアを歴訪するバイデン大統領は訪韓後、クアッド首脳会合に出席するため日本を訪問する。これを通じて韓日米3カ国協力案も深く議論されるとみられる。岸田文雄首相は先月26日、韓日政策協議団と面談した際、「ルールに基づく国際秩序が脅かされている国際情勢において、日韓、日米韓の戦略的連携がこれほど必要なときはない」と述べた。

これと関連しサキ報道官は「首脳らは必須の安保関係を深め、経済的関係を増進できる機会について議論することになる」とし「気候変動や新型コロナ対応など共通の挑戦課題も扱われるだろう」と話した。米国が提示する議題にはウクライナ支援問題も含まれる見込みだ。サキ報道官は「韓国と日本はロシアに対する制裁と輸出統制に参加してきた」とし「ロシアの侵攻を受けたウクライナを支援するための共同の努力について議論するはず」と明らかにした。

 
韓米両国は近く首脳会談の議題を具体的に調整するための高官級協議チャンネルを稼働する予定だ。尹次期大統領側では国家安保室長に内定した金聖翰(キム・ソンハン)引き継ぎ委員会外交安保分科幹事が協議を実務総括し、米国側はサリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)がする予定だ。

こうした中、ゴールドバーグ駐韓米国大使の米上院承認表決案もこの日、全会一致で可決された。前日に上院外交委を通過し、その翌日だ。議会承認手続きをすべて終えたゴールドバーグ氏は就任宣誓をした後、韓国に赴任する。ゴールドバーグ氏が公式的に赴任する場合、昨年1月のバイデン政権発足から16カ月間にわたり空席だった駐韓米国大使空席事態が終わる。

ゴールドバーグ氏がいつ赴任するか、韓米首脳会談に同席するかは韓米両政府の日程にかかっている。ハリー・ハリス前大使は上院承認案通過から9日目に韓国に赴任した。ゴールドバーグ氏が公式活動を始めるためには、大統領に信任状を捧呈しなければならないが、尹次期大統領の大統領就任からバイデン大統領の訪韓まで10日間ほどしかなく、時間は十分でない。

「バイデン大統領、訪韓中に北拡大抑止は鉄壁と再確認」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP