주요 기사 바로가기

<サッカー>ロナウド、サラーを上回る…孫興民、EPLパワーランキング2位に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.04 08:16
0
孫興民(ソン・フンミン、30、トッテナム)がイングランドプロサッカープレミアリーグ(EPL)パワーランキング2位に上がった。

孫興民は英スカイスポーツが3日(現地時間)に発表した2021ー22シーズンEPLパワーランキングで1万687ポイントを獲得し、379人のうち2位になった。先週の順位より4つ上がった。先月26日のパワーランキングでは6位であった。22日に1位になったのに続き、2週ぶりにまたトップ圏に復帰した。

今回のパワーランキング1位はマンチェスター・シティのFWガブリエル・ジェズス(1万2090ポイント)、3位はブルーノ・ギマランイス(ニューカッスル・ユナイテッド、7790ポイント)。クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド、6726ポイント)は8位だった。

スカイスポーツのパワーランキングは特定基準で点数をつける選手個人の順位表。EPLの最近の5試合での得点、アシスト、インターセプトなど35項目の活躍を評価する。さらに最近の試合には加重値が付く。

孫興民は第33節のブライトン戦で攻撃ポイントがなかった。しかし30-32節に3試合連続で得点するなど6得点1アシストをマークした。1日に行われたEPL第35節のレスター・シティ戦では2ゴール1アシストでトッテナムの勝利(3-1)に貢献した。

孫興民はこの試合で最優秀選手に選ばれた。英BBCが発表したEPL第35節「ガース・クルックスのベストイレブン」にも入った。サッカー専門家クルックスは「孫興民はハリー・ケインの場所を埋めることができる選手」と評価した。

これで孫興民は、昨季の自身と36年前の車範根(チャ・ボムグン)が記録した韓国サッカー選手の欧州正規リーグ一シーズン最多得点(17得点)を超えた。レバークーゼンに所属していた車範根は1985-86シーズンの独ブンデスリーガでこの記録を作った。

孫興民は得点ランキング1位のモハメド・サラー(リバプール、22得点)との差を3得点に縮めた。孫興民は今季全体の累積ポイントを計算したパワーランキングでも6万8843ポイントで2位だ。1位は7万612ポイントのサラー。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>ロナウド、サラーを上回る…孫興民、EPLパワーランキング2位に

    2022.05.04 08:16
    뉴스 메뉴 보기
    孫興民(ソン・フンミン) [写真 トッテナム インスタグラム]
    TOP