주요 기사 바로가기

1回で320億ウォン…BTS、米国4回の公演で1315億を儲けた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.03 09:36
0
BTS(防弾少年団)が米国で4回の公演で計1315億ウォン(約135億円)を稼いだことが分かった。1回当たり売り上げは329億ウォンだ。新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の直前までライブ公演の「チケットパワー」世界5位を誇っていたBTSが今年はどれぐらいランクアップするか注目される。

2日、イーベスト投資証券によると、BTSのラスベガス「PERMISSION TO DANCE ON STAGE」コンサートのチケット予想売り上げは826億~832億ウォンと推定される。オフラインコンサート(20万人・580億ウォン)、別途の大型スクリーンを通じてリアルタイムの公演を視聴するオフライン有料イベント「LIVE PLAY」(2万人・26億~33億ウォン)、オンラインライブストリーミング(40万人・219億ウォン)など3つの有料イベントのチケット販売量を合算した結果だ。

コンサート記念グッズの売り上げは276億ウォンとなるものとみられる。公演観覧の必需品とされる応援棒「ARMY BOMB」は20万個が売れ、この売り上げは153億ウォンだ。帽子・フード付きジップアップパーカー・イヤリング・ネックレスなどファッショングッズの売り上げは123億ウォンに達した。BTS公演最後にメンバーは該当コンサート限定版服やアクセサリーを着用して公演する。このため、「ARMY」(BTSのファンクラブ)のショッピングニーズが発動するかしかない。

ラスベガスの現場を訪問したイーベスト投資証券のアン・ジナ研究員は「コンサート現場でグッズを売る場所は大きく3カ所だが、いずれも列がとても長く、ほとんどの商品が品切れとなり購入できるモノがあまりなかった」として「衣類、雑貨の価格は国内に比べて20~30%高かった」と話した。

今回のBTSコンサートは公演以外にもファンが楽しめる装置をラスベガス市内の所々に設置してテーマパークのように作られたのが特徴だ。クラブアフターパーティー参加、BTSが好む韓国料理食事、BTSをテーマに作られたホテルでの宿泊などだ。このような公演以外に付帯施設関連の売り上げは207億ウォンを記録した。2年余りでBTSがワールドツアーを再開し、HYBEは過去最大の売り上げをあげるものとみられる。アン研究員は今年HYBEの売上額は1兆9970億ウォンで、昨年(1兆2580億ウォン)に比べ59%上昇するものと見通した。

BTSは指折り数えられる収益性の高いアーティストだ。韓国開発研究院(KDI)によると、2019年基準でBTSの公演「チケット パワー」は世界5位となった。1年間33回の公演を通じてチケット133万枚を売った。グローバルアーティストとされるボン・ジョヴィ(131万枚)、ショーン・メンデス(118万枚)、アリアナ・グランデ(109万枚)を上回る水準だ。グローバル1、2位はエド・シーラン(246万枚)、P!NK(182万枚)がそれぞれ占めた。過去3年間BTSの地位が変わったので、オフラインコンサートが再開される今年の公演収益ランキングも上がる可能性が大きい。

証券業界では来月10日に予定されたBTSの新規アルバムの発売が今年HYBEの売り上げに最も大きな影響を及ぼすと予想している。キウム証券のイ・ナムス研究員は「米国ビルボード、アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)、グラミー賞などの成績を基準にすると、今回のBTSアルバムの販売量は前作に比べて成長する可能性が非常に大きい」として「BTSが新アルバムを発売するたびに以前のアルバムの販売量もともに増加するため、さらに期待される」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    1回で320億ウォン…BTS、米国4回の公演で1315億を儲けた

    2022.05.03 09:36
    뉴스 메뉴 보기
    BTSが先月、米国ラスベガスで行った4回の公演で計1315億ウォンを儲けたことが分かった。[写真 Big Hitミュージック]
    TOP