주요 기사 바로가기

米プロ野球団「キムチ」闘魂…2年連続でハングルユニホーム着た理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.03 08:10
0
米プロ野球(MLB)チームのマイナーリーグダブルAチームが2年連続でハングルで「キムチ」と書かれたユニホームを着て試合に臨んだ。

MLBタンパベイ・レイズ傘下ダブルAチームのモンゴメリー・ビスケッツ球団は先月29日、「キムチ」と書かれたユニホームを着てプレーした。オレンジ色のユニホームと帽子にはハクサイとトウガラシが描写されたイメージも入った。

このチームの縁故地はアラバマ州の州都モンゴメリー市。ここでは2005年のヒョンデ(現代自動車)アラバマ製造法人進出をきっかけに韓国企業が次々と進出し、韓国への関心が高まっている地域だ。

ビスケッツはこの日の試合で「キムチ」闘魂にもかかわらず、ミシシッピ・ブレーブスに4-9で敗れた。このチームは「キムチ・ユニホーム」を着た初年度の2021年、ビロクシ・シャッカーズに9-8で勝利し、「キムチの力」を発揮した。

2回の「キムチユニホーム」試合は、非営利団体「A-KEEP」(Alabama Korea Education and Economic Partner)と球団が提携して開催した「韓国文化遺産の夜」行事の一環。キムチユニホームは試合終了後に競売にかけられ、収益金はA-KEEPに伝えられるという。

球団側はホームページで「飲食は新しい文化に接することができる契機」とし「南部のビスケッツのように、韓国ではキムチが欠かせない食べ物」と紹介した。このチームは7月8日にまたキムチのユニホームを着て試合を行う予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米プロ野球団「キムチ」闘魂…2年連続でハングルユニホーム着た理由

    2022.05.03 08:10
    뉴스 메뉴 보기
    モンゴメリー・ビスケッツ球団 SNS キャプチャー
    TOP