주요 기사 바로가기

BTSを輩出した韓国…「アリーナ級」公演会場なく野球場を借りて使う理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.29 11:12
0
今までK-POP公演は野球場・サッカー場を借りて使う形で開かれている。毎度音楽施設と舞台を設置して撤去する費用が侮れない。スポーツシーズンを避けなければならない条件もある。

現在、コンサートの場所として主に使われる所はソウルオリンピック主競技場(6万9950席)、ソウルワールドカップ競技場(6万6806席)、高尺(コチョク)スカイドーム(2万5000席)、オリンピック公園KSPOドーム(1万5000席・旧オリンピック体操競技場)などだ。ソウルオリンピック主競技場ではBTS、H.O.T.、godなど韓国国内の最上級アイドルが公演を行ったことがあり、マイケル・ジャクソン、レディー・ガガ、コールドプレイなどが行った。2002年ワールドカップ(W杯)のために建てられたソウルワールドカップ競技場では毎年「ドリームコンサート」が開かれた。高尺スカイドームは大韓民国最初のドーム型野球場で、EXO、BIGBANG、マルン5、ブリットニ・スピアーズなどが公演した。

音楽専用公演会場を建てられない最も大きな理由は、不確実性のためだった。数万席を埋めなければ収益が上がらないが、これを達成できるアーティストは指折り数える。空席で公演すれば、損失につながる。

実際に、海外ツアーで成果をあげているK-POPアイドルさえ国内では大型公演会場の客席を満たすことができない。例えば、東京ドーム(5万席)で3回連続で公演を行ったTWICE(トゥワイス)は、韓国では1万5000席台のオリンピック公園KSPOドームで単独コンサートが最大だった。

昨年11月、K-POP専用公演会場「CJライブシティアリーナ」が工事を始めた。室内2万人、野外4万人以上を収容できる施設だ。このプロジェクトは京畿道(キョンギド)が2004年から「韓流ワールド(韓流ウッド・高揚観光文化団地)」の一環で推進してきたことで、数回にわたって計画が変わった。2024年予定通りに完工すれば、20年ぶりに実を結ぶことになる。2025年には道峰区倉洞(トボング・チャンドン)駅付近に「ソウルアリーナ(1万8269席)」も建てられる。

アリーナを収益事業として育てる過程は簡単でないものとみられる。だが、関係者は「公演産業の構図を変える可能性がある」と自信を示す。まず専用公演会場では舞台設置費用を引き下げることができ、これはマージン率の上昇につながるという点を挙げられる。成長の勢いを見せているK-POPで海外観光客の需要を引き込んでシナジー効果を出す戦略も可能だ。新しい施設で海外アーティストの公演誘致も容易にになる効果もある。同時に、国内でも文化消費力が徐々に増加する傾向だ。

CJライブシティ関係者は「エンデミックへの転換以降、国内だけでなくK-POPファンダムの訪韓が大きく増加するものと予想される」とし「各種音楽・放送・宿泊などの施設に結び付けて全世界のK-POPファンダムに単なる音楽公演以上の『拡張されたK-POPの経験』を提供するだろう」と話した。ク転換以降、国内だけでなくK-POPファンダムの訪韓が大きく増加するものと予想される」とし「各種音楽・放送・宿泊などの施設に結び付けて全世界のK-POPファンダムに単なる音楽公演以上の『拡張されたK-POPの経験』を提供するだろう」と話した。 BTSを輩出した韓国…「アリーナ級」公演会場なく野球場を借りて使う理由(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTSを輩出した韓国…「アリーナ級」公演会場なく野球場を借りて使う理由(2)

    2022.04.29 11:12
    뉴스 메뉴 보기
    TWICEは最近、日本東京ドーム(5万席)で3回連続で公演を行った。[写真JYP]
    TOP