주요 기사 바로가기

文大統領「K防疫、決して非難されない成果…みんながコロナ英雄」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.29 08:52
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、「K-防疫は我々の自負心だ。世界が認める成功モデルで大韓民国の国際的地位を高めるのに大きく寄与した」とし「決して非を打てない誇らしい成果」と述べた。

文大統領はこの日、青瓦台迎賓館で新型コロナ防疫現場で働く医療スタッフと公務員を招待して懇談会を開いた。

文大統領は「皆さんのおかげで未曾有の感染病危機にうまく対応し、国民生命と安全を守って日常に戻ることになった」とし「本当に苦労が多かった」と述べた。

続いて「スポットライトがないところでも最善を尽くして働く現場勤務者のおかげで、感染者と死亡者を最少化することができた」とし「この方たちはまさに大韓民国を守った英雄」と強調した。防疫に協力した国民に対しても「みんながコロナ克服の英雄といっても過言でない」と話した。

懇談会には検疫、診断検査、患者搬送・治療、ワクチン接種・生産・開発、マスク・診断キット・注射器生産業者など各分野の防疫関連担当者と、全海チョル(チョン・ヘチョル)行政安全部長官、柳根赫(リュ・グンヒョク)保健福祉部第2次官、鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長、金剛立(キム・ガンリプ)食品医薬品安全処長らが出席した。

特にコロナ流行初期に大邱(テグ)で派遣勤務した看護士官学校卒業生、島嶼地域のワクチン接種を実施した「閑山島(ハンサンド)艦」艦長、国内ワクチン委託生産および独自ワクチン開発を担当したSKバイオサイエンス安東(アンドン)工場工場長、救急車で感染者の妊婦の出産を助けた仁川(インチョン)西部消防署救急隊員らが出席し、現場経験を共有した。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は「猛暑と酷寒の中でも検体採取と徹夜の検査を遂行した多くの方々、診断試薬開発会社と検査の質を管理した専門家の労苦が本当に大きかった」とし「このような協力が新しい感染病に対応する資産になるはず」と明らかにした。仁川西部消防署のシム・ジュイェ消防員は「患者搬送を担当しながら最も危急で記憶に残る瞬間は、感染した妊婦が救急車の中で出産した時で、厳しい状況だったが、感謝の言葉を聞くたびに励みになる」と話した。

文大統領は最後の発言で「コロナ初期には2、3カ月間ほどと考えていたが、もう少しもう少しと思いながら2年以上続いた」とし「皆さんの苦労のおかげで韓国は防疫模範国になった」と述べた。

文大統領は「首脳外交で最も大きな賛辞を受けたのは防疫だった」とし「わが国は封鎖もなかったし、総選挙もうまく実施し、外国の首脳は『韓国があたかも(コロナ対応を)準備していたかのように対応した』と羨んでいた」と伝えた。

続いて「治療薬とワクチンの開発にさらに力を注ぎ、ワクチン開発が成功する前に感染病が終息しても、ワクチン主権を確保しなければいけない」とし「新たな感染病に我々のワクチンで対応するようワクチン研究・開発を終えてほしい」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「K防疫、決して非難されない成果…みんながコロナ英雄」

    2022.04.29 08:52
    뉴스 메뉴 보기
    28日、青瓦台迎賓館で開かれた新型コロナ防疫現場勤務者招請激励懇談会で発言する文在寅(ムン・ジェイン)大統領。 青瓦台写真記者団
    TOP