주요 기사 바로가기

「ウクライナに介入して脅威を作れば電撃対応する」プーチン氏の警告

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.28 08:27
0
ロシアのウラジミール・プーチン大統領がウクライナ情勢に対して第3国が介入しようとする場合、対応すると警告した。

27日(現地時間)、RIAノーボスチ通信によると、プーチン大統領はこの日、第2都市サンクトペテルブルク市議会議員対象演説で「万が一外部でウクライナの状況に介入しようとしてロシアに戦略的脅威を作る場合、これに対する(ロシアの)対応は電撃的なことになるだろう」とし、「これに関連したすべての決定はすでに下されている」と明らかにした。

同時に、「われわれはこのためにすべての手段を持っている」として「現在(ロシアの他に)誰もそのような手段を持っていると自慢できる国はない。だが、われわれは自慢せず、必要な場合、それを使うだろう」と付け加えた。

また、「ウクライナの『特別軍事作戦』のすべての課題は必ず履行されるだろう」とし、「これは歴史的な未来にロシアと(ウクライナ東部親ロシア)ドンバス地域の住民の平和と安全を保障するためのもの」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ウクライナに介入して脅威を作れば電撃対応する」プーチン氏の警告

    2022.04.28 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのウラジミール・プーチン大統領
    TOP