주요 기사 바로가기

韓国人ISU国際審判、審判資格を剥奪…「北京五輪で中国有利の不公正判定を批判したため」

ⓒ 中央日報日本語版2022.04.27 15:59
0
北京冬季オリンピック(五輪)のショートトラックで中国に有利な不公正判定を記者会見で批判したチェ・ヨング国際スケート競技連盟(ISU)国際審判の審判資格が剥奪された。

北京冬季五輪当時にショートトラック韓国代表チーム支援団長を務めたチェ審判は、男子1000メートル準決勝で韓国選手が不公正判定で脱落すると、翌日の緊急記者会見で判定を批判した。

当時、チェ審判は「(ファン・デホンとイ・ジュンソが中国選手との)接触がない部分は事実」とし「その競技では全く接触がなかったため失格にしてはいけない」と強調した。大韓体育会はIOCとISUに抗議文を発送した。

ISUは最近、技術委員会を開いてチェ審判の発言を審議し、当時の記者会見に問題があるとして最終的に資格剥奪懲戒を決定した。ISUは国際審判が特定国を代弁する行為を禁止している。ISUは今月8日、チェ・ヨング審判に懲戒を通知した。

チェ審判は27日、CBSノーカットニュースとの電話で「(緊急記者会見当時)懲戒を受けるおそれがあったが、私が自ら要望して記者会見をすると大韓体育会に話した」とし「当時の不公正判定問題に対する所信は変わらない。記者会見後には不公正判定もなくなった」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国人ISU国際審判、審判資格を剥奪…「北京五輪で中国有利の不公正判定を批判したため」

    2022.04.27 15:59
    뉴스 메뉴 보기
    ショートトラック韓国代表の朴章ヒョク(パク・チャンヒョク)
    TOP