주요 기사 바로가기

なぜまだ見ているの? 10年前の『江南スタイル』依然として毎年再生回数4億回(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.26 11:46
0
PSYは25日9thアルバム『サダ9』のハイライトメドレー映像を公開した。『サダ9』は「サイの多彩な9thアルバム」という意味だ。フィーチャーリング参加者に目を通すだけでも「多彩な豪華版」だ。『君は感動だった(ソン・シギョン)』『Oh!What a Shiny Night(Heize)』『GANJI(Jessi)』『NOW(ファサ)』『Happier(Crush)』『Forever(タブロー)』など12曲の中で6曲にそうそうたる後輩歌手が参加した。歌手スジが登場する『Celeb』のMVのティーザー映像は公開4日で430万回再生され関心を集めている。

今回のアルバムはまた『江南スタイル』10周年だという点を強調している。これに先立って、PSYの公式インスタグラムには2013年クリスマスイブコンサートの途中に「2002年に『チャンピオン』を作って、この歌に勝つ『江南スタイル』を作るのに10年かかった(…)これはもしかしたら『江南スタイル』のような曲にまた出会うのは2022年になるかもしれない」と言った発言を編集した映像を掲示した。まだタイトルも公開する前に新曲が『江南スタイル』を越えるという暗示、あるいは自信とみられる。

9thアルバムは「経営者PSY」が自身の会社で初めて発売する本人のアルバムでもある。YGエンターテインメントから独立して2018年10月、「P NATION」を設立したPSYはその間Jessi、ヒョナ、Crush、Swingsなどを迎え入れて経営に力を注いだ。翌月17日にはオーディション番組を通じて結成された6人組ボーイズグループTNXのデビューも予定されている。

創業5年目を迎えたP NATIONは過去2年間コロナ禍で打撃を受けて経営状況が好調ではない。昨年売上額は147億4000万ウォンで前年比44%増加したが、営業損失37億6000万ウォンとなり2年連続で赤字を記録した。PSYは会社の大株主として昨年末基準で持分の57.59%を保有している。 なぜまだ見ているの? 10年前の『江南スタイル』依然として毎年再生回数4億回(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    なぜまだ見ているの? 10年前の『江南スタイル』依然として毎年再生回数4億回(2)

    2022.04.26 11:46
    뉴스 메뉴 보기
    公開10周年を迎えるPSYの『江南スタイル』は依然として世界で最も愛されるK-POPコンテンツだ。[ユーチューブ キャプチャー]
    TOP