주요 기사 바로가기

なぜまだ見ているの? 10年前の『江南スタイル』依然として毎年再生回数4億回(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.26 11:43
0
K-POP現状の始まり、PSY(サイ)が29日、5年ぶりにカムバックする。『江南(カンナム)スタイル』が発売されて10年が過ぎたが、PSYがK-POP産業でたてる記録は現在進行形だ。2012年7月15日、動画プラットホームユーチューブに掲載された『江南スタイル』のミュージックビデオ(MV)はまだ毎日数十万回の再生回数を加えて25日現在44億回にほぼ到達した。これはどのK-POPアイドルも簡単に越えられない記録だ。

『江南スタイル』は組織的なファンダムの活動がない中高年ソロ歌手(今年45歳)PSYが成し遂げた不思議な成果だ。K-POPアイドルグループのユーチューブ再生回数の最高記録を持つBLACKPINK(ブラックピンク)の『DDU-DU DDU-DU』(2018年6月15日公開)は25日まで計18億回再生した。BTS(防弾少年団)のMVの中で最も再生回数が高い『Boy With Luv』(2019年4月19日公開)は15億回だ。両方とも非現実的な再生回数だが、依然としてPSYの記録には及ばない。

ユーチューブのPSYに関連した動画(ミュージックビデオ・ユーザー生成コンテンツ・歌詞動画)は過去12カ月(2021年4月21日~2022年4月22日)間8億3100万回再生された。この期間、PSYの曲を最も楽しんで聞いた国はベトナム(7480万)ということが分かった。続いて韓国(5860万)、米国(5760万)、インド(4400万)、メキシコ(4290万)の順だ。大陸を超越した関心もアイドルに劣らない。最も多く再生したPSYの曲はやはり『江南スタイル』だ。12カ月間4億7700万回再生された。一日に200万~300万人のユーザーがPSYの曲を聞くわけだが、この中で半分以上が『江南スタイル』を見たり聞いたりする。

『江南スタイル』は、ユーチューブが2005年登場して以来初めて再生回数10億回、20億回を超えた動画でもある。ユーチューブ歴史に転機を迎える一方、楽しいリズムやコミカルな構成で常連のリスナーを量産してきた。コメントは25日現在、530万個が書き込まれた。「10年間聞いている」「学校を卒業した年に初めて聞いたが、集いやパーティーに行けばいつもこの歌が流れてくる」「10年が過ぎたというのが信じられない」という反応が英語・スペイン語・フランス語など世界各国の言語で書き込まれる。この期間に2番目に多く再生されたPSYの動画は2013年4月13日に公開された『GENTLEMAN』のMVだ。12カ月間1億3500万回を加えて累積再生回数14億8000万を記録した。 なぜまだ見ているの? 10年前の『江南スタイル』依然として毎年再生回数4億回(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    なぜまだ見ているの? 10年前の『江南スタイル』依然として毎年再生回数4億回(1)

    2022.04.26 11:43
    뉴스 메뉴 보기
    29日、9thアルバム『サダ9』をリリースする歌手PSYの新曲『Celeb』のミュージックビデオティーザー。歌手スジ(左)が参加した。[PSYのユーチューブ キャプチャー]
    TOP