주요 기사 바로가기

韓国政府、日本首相の靖国奉納に「深い失望と遺憾…歴史直視すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.21 14:50
0
岸田文雄首相が昨年に続いて今年も太平洋戦争A級戦犯が合祀された靖国神社に供物を奉納したことに対し、韓国政府が21日、遺憾を表した。

韓国外交部はこの日、報道官の論評で「政府は、日本の過去の侵略戦争を美化し戦争犯罪者を合祀した靖国神社に、日本の責任ある指導級がまた供物を奉納したり参拝を繰り返したことに深い失望と遺憾を表す」と明らかにした。

続いて「政府は日本の責任ある指導者らが歴史を直視し、過去に対する謙虚な省察と心からの反省を行動で見せることを促す」と強調した。

岸田首相は昨年10月の首相就任直後、靖国神社の秋季例大祭にも供物を奉納した。外交部は当時も同じ内容の論評を出した。

この日、朴振(パク・ジン)外交部長官候補者も供物奉納関連の質問に「日本は過去の歴史を直視し、謙虚な反省、また謙虚な姿勢を見せるべきだ」と答えた。

朴氏はソウル鍾路区(チョンノグ)人事聴聞準備事務室に出勤する際、「靖国神社はよく知られているように日本の過去の侵略戦争を美化したところで、戦犯が合祀されたところだ」とし、このように述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府、日本首相の靖国奉納に「深い失望と遺憾…歴史直視すべき」

    2022.04.21 14:50
    뉴스 메뉴 보기
    靖国神社
    TOP