주요 기사 바로가기

文大統領、前職長官と大統領府で昼食会 「渾身の力尽くした…世界が韓国に賛辞」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.21 07:09
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が20日、「本当に一生懸命働いてくれて感謝する。我々は共に渾身の力を尽くして仕事をした」と述べた。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官はこの日午後、書面ブリーフィングを通じて「文大統領が今日、青瓦台で文在寅政府の前職長官級を招待して昼食を共にしながら『これも全て皆さんが身も心も一つになって献身してくれたおかげ』と述べた」と伝えた。この日の昼食会には首相を務めた李洛淵(イ・ナギョン)氏や丁世均(チョン・セギュン)氏をはじめ、前職国務委員や大統領諮問機構および大統領所属委員長などが出席した。

昼食会で文大統領は「我が政府は期間中ずっと一生懸命仕事をしなくてはいけない状況の連続だった。北朝鮮の核やミサイル危機、日本輸出規制による危機、世界的なコロナ危機、相次ぐサプライチェーン(供給網)危機、ウクライナ戦争によるエネルギーと物価上昇危機を迎えた」とし「我々はその危機をうまく克服してきたし、危機の中で機会を作って飛躍し、ついに先導国家という評価を客観的に受けることになった」と述べた。

続いて「我が政府は歴代のどの政府より外交に注力した」とし「外交の範疇が政治、安保に留まらず、経済・サプライチェーン・防疫・ワクチン・気候危機対応へと広まり、我が国の地位が高まって国際協力に対する要求も増えた」と述べた。

あわせて「海外の首脳と対面会談や電話会談を行った時、大韓民国が多くの賛辞を受けた。初期は『ろうそく革命』で誕生した政府という点で賛辞を受けた」とし「民主主義が発展した国でも極端主義、ポピュリズム、極右主義、フェイクニュースなどの危機があったが、我が国は国民が平和的なろうそく集会、国会の弾劾訴追、憲法裁判所の弾劾認容を通じて合法的な政権交代を成し遂げ、民主主義を生き返らせたという面で絶賛を受けた」と付け加えた。

文大統領はまた「その次は『防疫』に対する賛辞だ。コロナ初期に拡散を効果的に抑制し、オミクロン株が広がった期間にも非常に低い致命率を記録して季節インフルエンザ水準で管理した」とし「その過程でただ一度も封鎖措置を取らなかったが、これは国民が作り出した成果だと考える」と強調した。

続いて「『経済』側面でも賛辞を受けた。2020年には主要国家がマイナス成長する中で我々は善戦し、2021年経済成長率は主要国のうち最も速い経済回復傾向を示した」とし「我が国はGDP(国内総生産)、輸出をはじめ、多方面で世界10位圏に入ったし、UNCTAD(国際連合貿易開発会議)設立以降、開発途上国から先進国に進入した唯一のケースで、G7をG10やG11に拡大するという時、真っ先に挙げられる国になった」と言及した。 文大統領、前職長官と大統領府で昼食会 「渾身の力尽くした…世界が韓国に賛辞」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、前職長官と大統領府で昼食会 「渾身の力尽くした…世界が韓国に賛辞」(1)

    2022.04.21 07:09
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が20日午後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)迎賓館で開かれた前職長官を招待した昼食会で挨拶の言葉を述べている。この席には首相を務めた李洛淵(イ・ナギョン)氏や丁世均(チョン・セギュン)氏をはじめ、前職国務委員や大統領諮問機構および大統領所属委員長などが出席した。[写真 青瓦台]
    TOP