주요 기사 바로가기

パク・チャヌク監督・是枝監督がカンヌ映画祭コンペ部門に…俳優イ・ジョンジェの監督デビュー作も招待

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.15 15:37
0
韓国と日本の巨匠監督がそれぞれ作った韓国映画2編が来月17日(現地時間)からフランスで開かれる第75回カンヌ国際映画祭の公式コンペティション部門に招待された。パク・チャヌク監督の新作『別れる決心』と是枝裕和監督の『ベイビー・ブローカー』が公式コンペティション部門の招待作(計18編)に入った。『ベイビー・ブローカー』は是枝監督が俳優ソン・ガンホ、俳優カン・ドンウォン、女優ペ・ドゥナ、歌手IU(イ・ジウン)など韓国俳優と韓国で撮影した映画だ。ドラマ『イカゲーム』のスター、俳優イ・ジョンジェは主演・演出を兼ねた監督デビュー作『ハント』で非コンペティション部門であるミッドナイト・スクリーニング(深夜上映)部門に招待された。カンヌ映画祭の主催側は14日(現地時間)、パリで今年の招待作リストを発表した。昨年コンペティション部門に1編も入らなかった韓国映画は今年の参加で悔しさを晴らすことができた。

パク・チャヌク監督は『別れる決心』で『お嬢さん』以降6年ぶりにカンヌ・コンペティション部門に復帰する。山で起きた変死事件を担当した刑事が死亡者の妻に会った後、疑いや関心を同時に抱くことになる話を描いた。俳優パク・ヘイルと中国女優タン・ウェイが主役を演じた。パク監督には4回目のコンペティション部門への招待だ。韓国監督の中でホン・サンス監督と共同で最多記録だ。2004年映画『オールド・ボーイ』で初めて招待されて審査委員大賞を受け、2009年『渇き』で審査委員賞を受賞した。パク監督は「パンデミックが終わっていない状況で参加する映画祭でさらに特別だ」として「これまで映画館での集団観覧の意味について考える時間が十分にあった。今回のカンヌでチャンスが与えられ次第に他の映画もたくさん見て誰よりも長く起立拍手をしようとする」と伝えた。

是枝監督の『ベイビー・ブローカー』は育てられない赤ん坊を匿名で置いていくことができるベビーボックスにからまった人々の話を描いた。カンヌ・パルムドール受賞作出身が一丸となった。是枝監督は4年前、日本映画『万引き家族』で、ソン・ガンホは翌年主演作『パラサイト 半地下の家族』でパルムドールを受けた。IUとカン・ドンウォンは今回が初めてのカンヌ映画祭公式招待だ。カン・ドンウォンは2020年主演作『新感染半島 ファイナル・ステージ』がカンヌ映画祭の公式招請作にノミネートされたが、コロナ禍によって映画祭開催が不発になった。ペ・ドゥナは2009年カンヌのある視点部門に招待された是枝監督の映画『空気人形』で主役を演じた後、監督と2作目だ。是枝監督は「それぞれ違う言葉と文化的な違いを超越して成し遂げた今回の作業が高く評価されることで、私だけでなくすべてのスタッフと出演俳優がともに応えられるようになったようで幸いだと思う」と伝えた。

イ・ジョンジェはスパイアクション映画『ハント』で『新感染 ファイナル・エクスプレス』『工作 黒金星と呼ばれた男』など韓国のジャンル映画で常連の招待部門であるミッドナイト・スクリーニングを輝かせる。二人の安全企画部要員がスパイ総責任者を追って真実に至る内容で、脚本も直接書いた。イ・ジョンジェと俳優チョン・ウソンが共同主役を演じて、映画『太陽はない』以降23年ぶりに同じ作品で共演した。イ・ジョンジェは「デビュー作の最初のスクリーニングをカンヌで開始するということがとても光栄だ」と明らかにした。

その間、伝統と保守のシンボルとされてきたカンヌ映画祭は今年公式パートナー社であるショートフォームの動画プラットホーム「ティクトク」と手を握ってオンライン短編映画祭を新設し、史上初めて女性組織委員長を選出するなど大きな変化を迎えている。コロナ禍で公開を延期してきた俳優トム・クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』(1986)の続編『トップガン マーヴェリック』もカンヌで初めて公開される。開幕作はフランス監督ミシェル・アザナヴィシウスのゾンビコメディ『comme Z』が選ばれた。今年カンヌ映画祭は28日まで開催される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    パク・チャヌク監督・是枝監督がカンヌ映画祭コンペ部門に…俳優イ・ジョンジェの監督デビュー作も招待

    2022.04.15 15:37
    뉴스 메뉴 보기
    パク・チャヌク監督の映画『別れる決心』と是枝裕和監督が韓国俳優と手掛けた『ベイビー・ブローカー』が来月フランスで開かれる第75回カンヌ国際映画祭の公式コンペティション部門に招待された。[写真 CJ ENM]
    TOP