주요 기사 바로가기

露「スウェーデン・フィンランドがNATO加盟ならバルト海に核兵器配備」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.15 08:10
0
ロシア安全保障会議のドミトリー・メドベージェフ副議長が14日(現地時間)、スウェーデンとフィンランドが北大西洋条約機構(NATO)に加盟すればバルト海に核兵器を配備すると警告した。

ロイター通信によると、プーチン露大統領の最側近のメドベージェフ副議長は「スウェーデンとフィンランドがNATOに加盟すればバルト海に核を配備し、陸・海・空軍を強化すべきだ」とし「もうバルト海に核がない状態の話はあり得ない。均衡を回復しなければならない」と強調した。これに関しブルームバーグ通信は「ロシアが近隣国のNATO加盟の動きに対して出した最も具体的な脅威」と評価した。

フィンランドとスウェーデンは軍事的非同盟主義政策に基づき中立的な立場を維持し、NATOに加盟していない。しかしロシアがウクライナを侵攻したことを受け、両国ではNATO加盟の議論が加速している。フィンランドがNATOに加盟すれば、NATO同盟国と接するロシアの国境の長さは2倍以上に増える。スウェーデンは過去200年間にわたり戦争をしていないが、ウクライナ戦争をきっかけに安保政策全般を点検してNATO加盟問題を決める予定だ。

 
ロシアの核兵器配備脅迫にもかかわらずバルト海国家に目立った動揺はない。リトアニアのシモニーテ首相は「核兵器を含むロシアの脅威は新しいことではない」と述べた。リトアニアのアヌシャウスカス国防相も現地メディアに「ロシアはすでにカリーニングラードに核兵器を保有している」と話した。カリーニングラードはポーランドとリトアニアの間のバルト海沿岸にあるロシアの域外領土。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP