주요 기사 바로가기

衝撃の「自転車遺体」が明らかになった転末…「ロシア軍、通信で虐殺協議」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.08 07:23
0
ウクライナ・ブチャでの民間人に対する残虐行為が次々に明らかになっているが、ロシア軍がこれを無線通信装備を使って協議していたと、ドイツ連邦情報局(BND)が議会に報告した。

7日(現地時間)、独誌「シュピーゲル」によると、連邦情報局はロシア軍の無線通信を傍受した結果、ブチャの路上で遺体が見つかった場所と一致する内容が含まれていた。

無線通信の音声内容を分析すると、A兵士がB兵士に対し、A兵士らが自転車に乗った人に銃撃を加える場面について描写する部分がある。これに先立ち、ブチャで自転車に乗って倒れている遺体の写真は全世界に公開されたことがある。

また別の男性は無線通信を通じて先に軍人を尋問した後、射殺すると話していたという。

ウクライナ・ブチャでは先週末のロシア軍撤退以降、集団墓地や路上から数十体の遺体が見つかった。遺体の一部は後ろ手に縛られていたり拷問を受けた跡がみられたりした。被害者の中には女性や子どもたちも含まれている。

ロシア政府はロシア兵士がこのような戦争犯罪を犯したという事実を強く否定し、ウクライナによる捏造(ねつぞう)だと主張した。

このような無線通信の音声内訳はロシア側の否定を完全に無力化する証拠だとシュピーゲルは指摘した。

無線通信内容には「プーチンの料理人」と呼ばれる事業家エブゲニー・プリゴジン氏が運営する傭兵集団ワグナー・グループが残虐行為に参加した決定的な情況も含まれているとシュピーゲルは伝えた。ワグナーグループはシリア戦争に動員された時も残虐行為で悪名を世の中に轟かせていた。

ロシア軍のブチャ占領初期には若い兵士がいたという目撃証言があったが、その後、若い兵士が別の兵士と交代した後から民間人に対する攻撃が増えた。

連邦情報局が確保した無線通信の音声内訳はブチャでの残虐行為が偶然な行為でも一部兵士の単独行為でもない点を証明している。兵士たちは残虐行為について日常の話をするように話していたとシュピーゲルは伝えた。

民間人への殺人はロシア軍の通常行動になったと見られるというのがドイツ政府の分析だ。一般市民の間に不安と恐怖を助長して抵抗を抑圧する戦略の一環とみられる。

連邦情報局は地域を特定できていない無線通信の音声内訳を追加で分析中だ。ブチャのような残虐行為が南部マリウポリなど別の地域でも発生している可能性を示す資料だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    衝撃の「自転車遺体」が明らかになった転末…「ロシア軍、通信で虐殺協議」

    2022.04.08 07:23
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナ首都キーウにロシア軍のタンクが捨てられている。 [ツイッター]
    TOP