주요 기사 바로가기

オミクロン株の変異「XE」に続いてまた…タイで新変異株「XJ」感染の疑い例

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.06 09:56
0
タイでオミクロン株の変異(BA.1)とステルスオミクロン株(BA.2)が結合したもう一つの新型コロナの新たな変異株感染の疑い例が発見された。5日(現地時間)バンコック・ポストなどによると、タイ防疫当局は「XJ」と命名されたこの変異株に30代配達員が感染したと疑われると明らかにした。

最近、一部の国でオミクロン株(BA.1)とステルスオミクロン株(BA.2)が結合した「XE」変異株が発見されて国際保健界を緊張させているが、他の再調合変異株の感染推定例が登場したわけだ。XJはXE株のようにBA.1とBA.2が結合した変異だが、遺伝子構成面でXEと違いがある。

タイ保健省のスパキット医学局長は「XJ変異はフィンランドで初めて発見されたが、該当配達員に対する遺伝子塩基配列分析結果がXJ変異と非常に似ていることが分かった」と説明した。また、「確認のためには情報がさらに必要だ」としながらも「配達員が感染した変異がXJである可能性が大きい」と話した。

スパキット局長によると、XJの感染が疑われる配達員は新型コロナワクチン「シノファーム」を2回接種した状態で、感染後にも特別な症状はなく現在は完治した。

ただし、スパキット局長は「XJ変異が他の変異に比べて感染力が強いのか症状がさらに深刻なのかに関してはまだ確認されておらず、研究がさらに必要だ」と明らかにした。

タイでは新しい変異が発見され、防疫当局は緊張している。これに先立って、タイでは2日BA.1とBA.2が結合したXE変異が発見されたこともある。

世界保健機関(WHO)と専門家はXE変異がBA.2より感染力がさらに強い可能性を提起している。

WHOは先月29日発表した週間報告書で「初期研究ではXEがBA.2より10%程度『感染増加率優位』(community growth rate advantage)を見せた」として「追加の確認が必要だ」と伝えた。BA.2はオミクロン株の下位系統で、BA.1より感染力が30%以上さらに強いというのが専門家の説明だ。

WHOによると、XE変異は1月19日英国で初めて発見され、英国では600件以上の感染例が報告された。その他にも台湾・タイなどでも発見された。感染力と重症度などはまだ正確に知られていない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    オミクロン株の変異「XE」に続いてまた…タイで新変異株「XJ」感染の疑い例

    2022.04.06 09:56
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP