주요 기사 바로가기

目隠しされ腕・指折れた遺体…ロシア軍、ウクライナ女性市長の家族を埋めた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.05 16:16
0
ロシアがウクライナのブチャ地域で民間人大虐殺をしたという証拠が次々と表れている中、ブチャ近隣の森林地帯で民間人集団墓が追加で発見された。浅く掘られた墓の中には、この地域の女性市長と夫・息子の遺体が埋められていた。

◆ブチャ近隣の市長の家族、遺体で発見

4日(現地時間)の米CBS放送と英テレグラフによると、ブチャから西側に32キロ離れたモティジン市の森に民間人5人が共に埋葬された墓が見つかった。オルガ・スチェンコ・モティジン市長(50)と夫イゴールさん、息子オレクサンドルさんの家族の遺体が含まれていた。スチェンコ市長らは先月23日にロシア軍に拉致された。

市長の家族は両手を縛られ、目隠しされた状態だった。特にスチェンコ市長の遺体は腕と指がひどく折れていて「拷問」の痕跡があったという。ウクライナ高官と地域住民は、スチェンコ市長らがロシア軍に捕まり、銃で撃たれた後、穴に入れられたと話した。

ウクライナ内務相補佐官は自身のソーシャルメディアに「ゴミたちがスチェンコ市長と夫、息子を拷問し、殺害した」とし「ロシア軍はこれに対する責任を負うべきだ」と伝えた。ウクライナのベレシュチュク副首相はスチェンコ市長が殺害された事実を確認したと明らかにした。CBSはこの穴から発見された他の遺体の身元は確認されていないが、ウクライナ保安軍所属と推定されると報じた。

◆「自治体長11人が捕虜に」

地域住民は「ロシア軍は市長など地域のトップを捕虜にすることを目標にし、協力しなければ殺害した」とし「スチェンコ市長夫婦はロシア侵攻軍に協力することを拒否した」とAP通信に伝えた。ベレシュチュク副首相は自身のソーシャルメディアに「キーウ(キエフ)、ヘルソン、ハルキウ(ハリコフ)、ザポリージャ、ミコライウ、ドネツク地域の自治体長11人がロシア軍の捕虜になっている。ウクライナに戻れるよう最善を尽くす」と明らかにした。これに先立ち先月11日、ウクライナ南部メリトポリのペドロフ市長がロシア軍に拉致された後、解放された。

この日、ウクライナのゼレンスキー大統領はブチャを訪問し、ロシア軍による民間人虐殺状況と証拠を確認した。ウクライナ国営放送によると、ゼレンスキー大統領は「ロシア軍の残酷行為を目撃した以上、交渉はさらに難しくなった」とし「人に対して獣にも及ばない扱いをしたロシア軍の蛮行を、世界は戦争犯罪、大量虐殺と認識するはずだ」と述べた。国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)もウクライナ住民の証言に基づき、「ロシア軍が掌握した地域で即決処刑、性暴行、略奪など明白な戦争犯罪があった」という調査結果を出した。

◆ロシア戦犯処罰ための特別裁判所設立か

国際社会はロシアを戦犯として法廷に立たせるために迅速に動いている。ウクライナのベネディクトバ検察総長はロシアの戦争犯罪容疑に対する捜査に入り、西側指導者は追加制裁と共に国際刑事裁判所(ICC)を通じた犯罪容疑調査を予告した。ニュルンベルク裁判所、シエラレオネ特別法廷、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷などに起訴することも代案として議論中だ。

ロシアがウクライナで犯した戦争犯罪だけを扱う特別裁判所が設立される可能性もある。先月、ウクライナのクレバ外相とジョン・メイヤー、ゴードン・ブラウン元英首相を含む数十人の政治家・法曹人がロシアのウクライナ侵略犯罪を裁く特別裁判所を設置するためのキャンペーンに着手した状態だ。

これに対しロシアは民間人虐殺など戦争犯罪を全面否認した。ロシア国防省は3日、「ロシア軍がブチャを占領した間、現地住民は一人も暴力行為を受けていない」とし「ブチャの遺体関連の映像と写真はウクライナ政府が演出したものであり、ロシア軍を戦争犯罪者に追い込むための挑発だ」と主張した。ロシアのペスコフ大統領報道官は4日の記者会見で「民間人虐殺疑惑は疑いの余地なく扱われるべきだ。少なくともロシアの説明に耳を傾ける必要がある」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    目隠しされ腕・指折れた遺体…ロシア軍、ウクライナ女性市長の家族を埋めた

    2022.04.05 16:16
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナのブチャ近隣モティジン市のスチェンコ市長(左)と夫、息子の写真。3人はロシア軍から拷問を受け、殺害された。 [ツイッター キャプチャー]
    TOP