주요 기사 바로가기

ブックメーカー「韓国、孫興民がいてもW杯決勝T進出は容易でない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.04 08:14
0
サッカーのカタールワールドカップ(W杯)でH組に入った韓国に対し、海外サッカー界の評価は分かれた。ある海外メディアは「韓国は16強(決勝トーナメント)に進出する潜在力がある」と分析したが、主要ブックメーカーは「組2位以上は無理」と予想した。

韓国はW杯本大会のH組でポルトガル(FIFAランキング8位・欧州)、ウルグアイ(13位、南米)、ガーナ(60位、アフリカ)と対戦する。組の編成は悪くない。

海外メディアは孫興民(ソン・フンミン、30、トッテナム・ホットスパー)が率いる韓国代表の潜在力を高く評価した。ESPNは「H組でポルトガルと韓国が16強に入るだろう」とし「韓国は4年前のロシアワールドカップ(W杯)で孫興民を前に出してドイツに勝利した」と伝えた。ESPNが16強入りを予想した国のうちアジアの国は韓国が唯一。FOXスポーツも「番狂わせを狙えるチーム」に韓国を挙げた。

ブックメーカーは違う。「韓国代表には孫興民がいるが、16強入りが予想されるほどではない」という分析が多い。ブックメーカーのウィリアム・ヒルは組み合わせ抽選直後にH組1位のオッズを公開し、ポルトガルを8/15で最も低くした。ウルグアイは11/4、ガーナは7/1で、韓国(12/1=12倍)に最も高いオッズだった。オッズが高いほど実現の可能性が低いということだ。他社も大同小異だ。

ブックメーカーは優勝候補にほとんどがブラジルを挙げた。ウィリアム・ヒルはFIFAランキング1位のブラジル(5/1)の優勝の可能性が最も高いとみている。他社のラドブロークス、コーラルなども同じだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ブックメーカー「韓国、孫興民がいてもW杯決勝T進出は容易でない」

    2022.04.04 08:14
    뉴스 메뉴 보기
    韓国代表のFW孫興民(ソン・フンミン、真ん中) [写真=大韓サッカー協会]
    TOP