주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国、FIFAランキング29位維持…W杯組み合わせ抽選でポット3

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.01 07:57
0
「中東の伏兵」アラブ首長国連邦(UAE)に一撃を食らったサッカー韓国代表が、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングを高めるのに失敗した。しかしカタールワールドカップ(W杯)本大会の組み合わせ抽選を控えてポット3に名を連ね、所期の目的は達成した。

FIFAは31日、世界サッカー代表チームの3月のランキングを発表し、韓国は29位(ランキングポイント1519.54点)だった。先月と比較してランキングポイントは3.31点低いが、順位は変わらなかった。

パウロ・ベント監督(ポルトガル)が率いる韓国代表は3月のAマッチ2連戦を1勝1敗で終えた。24日にソウルW杯競技場で難敵イランに2-0で完勝し、気分よく出国したが、29日にドバイで行われたUAEとのアウェー試合では0-1で敗れた。

早期にカタールW杯本大会行きを決めた状況で3月のAマッチ2試合に臨んだ韓国は、最終予選をA組2位(7勝1敗2分け)で通過した。10回連続W杯本大会進出の金字塔を打ち立てた。

韓国は当初、イラン戦で勝利した直後、ランキングポイントを大幅に引き上げ、リアルタイム順位で27位へと2つ上がったという評価を受けた。しかし69位のUAEに敗れてポイントを大きく失い、3月のランキングでも順位は変わらなかった。

韓国は4月2日午前1時(日本時間)に行われるカタールW杯本大会組み合わせ抽選でポット3に入った。組み合わせ抽選は本大会参加国32カ国をポット1-4に8チームずつ分けた後、各ポットから1チームずつ選んでA-Hの各組を構成する。

新しいFIFAランキングを基準に、ポット1は開催国のカタール(51位)とブラジル(1位)、ベルギー(2位)、フランス(3位)、アルゼンチン(4位)、イングランド(5位)、スペイン(7位)、ポルトガル(8位)。

ポット2はメキシコ(9位)、オランダ(10位)、デンマーク(11位)、ドイツ(12位)、ウルグアイ(13位)、スイス(14位)、米国(15位)、クロアチア(16位)。

韓国は本大会進出国のうちFIFAランキング18-25番目のポット3で、セネガル(20位)、イラン(21位)、日本(23位)、モロッコ(24位)、セルビア(25位)、ポーランド(26位)、チュニジア(35位)と同じだ。

最後のポット4はカメルーン(37位)、カナダ(38位)、エクアドル(46位)、サウジアラビア(49位)、ガーナ(60位)に、まだ決定していない3カ国が加わる。アジア-南米大陸間プレーオフの勝者、北中米-オセアニア大陸間プレーオフの勝者、そして欧州プレーオフA組の勝者だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP