주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「残念な試合をした」…UAE戦で敗れた韓国代表監督

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.30 09:26
0
「残念な試合をした」。

サッカー韓国代表のパウロ・ベント監督(ポルトガル)がアラブ首長国連邦(UAE)戦に敗れた後、失望感を表した。韓国代表は30日(日本時間)、UAEドバイで行われた2022カタールワールドカップ(W杯)アジア地域最終予選A組第10戦でUAEに0-1で敗れた。すでに10回連続のW杯本大会進出を決めている韓国はこの日、UAEに勝利して最終予選を無敗の組1位で終えるのが目標だった。

しかし格下と見ていたUAEに最終予選の最終戦で初黒星を喫した。ボール支配率は77%だったが、得点に結びつかなかった。韓国は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング29位、UAEは69位。韓国がUAEに敗れたのは2006年1月にドバイで行われた親善競技(0-1)以来16年ぶりだ。

韓国はUAE戦で連勝が6でストップし、対戦成績は13勝3敗5分けとなった。韓国はイラン(勝ち点25、8勝1敗1分け)に次ぐ組2位(勝ち点23、7勝1敗2分け)で最終予選を終えた。

ベント監督は試合後の記者会見で「今日の試合は自分たちのミスだった。見方を変えれば敗戦が正当な結果だ。今日の試合がなぜこのようになったのかを理解し、同じことが生じないよう解決策を見いださなければいけない」と分析した。

続いて「UAEがこれまでとは違うシステムで試合に臨んでくる可能性があるという話をした。スリーバックとフォーバックの場合にすべて備えた」とし「相手は目標を達成するために全力を尽くしてくると助言したが、それだけの野望、モチベーションが我々の選手にはなかったようだ。以前のような姿を見せられず、大きな代価を支払うことになった」と説明した。

そして「私にも責任がある。責任感を感じて我々が今日のことを反省しなければいけない。今後、我々がどのようにしたいのか、今日のようにしたいのか、それとも5日前のイラン戦(韓国の2-0勝利)のような姿を見せたいのか、考えなければいけない」と語った。

痛い予防注射を受けた韓国代表は11月にカタールW杯本大会の準備に入る。ベント監督はその時まで「精神力」を補完すると強調した。

ベント監督は「今日見せた姿は我々が今までしてきたものではない。最悪の競技力だった。結果だけでなく競技力、態度ともに残念だ。最終戦で組1位を失った」とし「正常でなかった。一種のシグナルだと考える。これをよく理解しなければ今後に問題が生じるかもしれない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「残念な試合をした」…UAE戦で敗れた韓国代表監督

    2022.03.30 09:26
    뉴스 메뉴 보기
    韓国代表のベント監督 [写真=大韓サッカー協会]
    TOP