주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>危機の日本が豪州に勝利…7回連続本大会進出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.25 09:39
0
日本サッカーが劇的に2022カタールワールドカップ(W杯)本大会進出を決めた。日本は24日(日本時間)、オーストラリア・シドニーでカタールW杯アジア最終予選B組第9戦に臨み、2-0でオーストラリアに勝利した。日本は後半44分と追加時間に劇的にゴールを決めた。

日本(勝ち点21)は1試合少ないサウジアラビア(勝ち点19)を抜いて組1位に浮上した。3位のオーストラリア(勝ち点15)との差を6点に広げ、残りの試合結果に関係なく組2位以上を確保した。アジア最終予選は各組1、2位がW杯本大会に直行する。

日本は序盤の不振を乗り越え、1998年フランスW杯から7大会連続となるW杯本大会進出を決めた。日本は最終予選の序盤3試合で1勝2敗と、脱落の危機を迎えた。しかしその後は6連勝し、7勝2敗と立て直した。

サウジアラビアも現在オーストラリアに勝ち点4差で、中国戦を含む残り2試合の結果に関係なく本大会進出が決まった。サウジアラビアは2018年ロシアW杯に続いて2大会連続、通算6回目の本大会出場となる。一方、オーストラリアは組3位が決まり、プレーオフ(PO)を経て茨の道をたどることになった。組3位チーム間でPOの後、勝者が大陸間POで南米予選5位チームと本大会行きをかけた最後の試合を行う。

日本とサウジアラビアの合流で、カタールW杯本大会進出決定国は開催国のカタールを含めて17カ国に増えた。これに先立ち欧州予選各組1位の10カ国(セルビア、スペイン、スイス、フランス、ベルギー、デンマーク、オランダ、クロアチア、イングランド、ドイツ)と南米予選1、2位のブラジルとアルゼンチン、アジア予選A組のイランと韓国がカタール行きチケットを獲得していた。

この日の勝負は後半終盤に決まった。日本とオーストラリアは激しい攻防戦を見せながらも得点には結びつかなかった。しかし後半44分、山根視来のアシストを受けた三笘薫がゴール左隅に蹴り込んだ。三苫は後半49分にも左サイドからドリブルで切り込み、2点目となるダメ押しゴールを決めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP