주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>孫興民が先制点、金英権がダメ押し点…韓国、11年ぶり「難敵」イラン撃破

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.25 08:27
0
「見たかった」。

24日、イランとのAマッチが行われたソウルワールドカップ(W杯)競技場。キックオフ前に観客席を埋めた6万4375人のサッカーファンが共に参加するカードセクションイベントが行われた。東側スタンドの下段部を埋めたファンが共に掲げた「見たかった」という文字に、熱い声援を送っていた観客席は一瞬静かになった。

新型コロナパンデミック以降、競技場で太極戦士を見たいと望んでいたファン、観客席のファンの情熱を期待していた選手、お互いを確認する時間だった。ソウルW杯競技場で行われたAマッチが満員の観客の前で行われたのは2019年3月のコロンビアと評価試合以来3年ぶり。パンデミック以降に韓国国内で行われた試合で最多観客数となった。

気勢が上がった代表チームは韓国サッカーが必ず見たいと思っていた場面を一つ追加した。11年間勝てなかった難敵イランを撃破した。エースの孫興民(ソン・フンミン、30、トッテナム)が前半に先制決勝ゴールを決め、ベテランDF金英権(キム・ヨングォン、32、蔚山)が後半のダメ押し点で試合を決めた。久しぶりに現場で選手の闘志を確認したファンは大きな声援と拍手を送った。

パウロ・ベント監督(53、ポルトガル)が率いる韓国代表は2022カタールW杯アジア最終予選A組第9戦でイランを2-0で破った。カタールW杯最終予選で7勝目(2分け)を挙げ、勝ち点を23に伸ばし、イラン(22点・7勝1敗1分け)を抜いてA組1位に浮上した。FIFAランキング29位の韓国より上位チームのイラン(21位)に勝利し、ランキングポイントを高めるきっかけになった。31日に発表される3月のFIFAランキングは、来月2日のカタールW杯本大会組み合わせ抽選でポット分けの基準になる。

孫興民の先制ゴールは前半の追加時間だった。相手DF1人を抜いた後、25メートルの距離からミドルシュートを放った。回転のない弾丸のような強烈なシュートは、イランGKアミル・アベドザデの手を弾いて落ちながらゴール内に吸い込まれた。97試合目のAマッチで31得点目だ。またW杯最終予選4得点目で、メフディ・タレミ(イラン)、武磊(中国)、伊東純也(日本)と並んで得点1位タイ。

後半18分には追加ゴールが生まれた。左サイドから黄喜燦(ファン・ヒチャン、26、ウルバーハンプトン)、李在成(イ・ジェソン、30、マインツ)、そしてゴール前の金英権にパスが渡って得点につながった。ロシアW杯本大会グループリーグのドイツ戦(2-0勝利)の先制ゴールを思い出させる得点場面だった。

韓国は後半、波状攻勢で試合の流れを主導した。約6万人のファンはカードセクション、拍手、ウェーブなどの応援で選手をサポートした。

1勝以上の意味がある勝利だった。2011年アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ8強戦以来11年間続いた無勝利(4敗3分け)を断ち切った。対戦成績も10勝13敗10分けと差を縮めた。

指揮官のベント監督にもうれしい結果だ。2018年の就任からAマッチ42試合で28勝目(4敗10分け)を挙げ、在任期間中の最多勝利記録を更新した。今回の勝利まではシュティーリケ元監督(68、ドイツ)と並んでいた。ホーム試合での無敗を20試合(16勝4分け)に伸ばした。

KBS(韓国放送公社)のハン・ジュンヒ解説委員は「先制ゴールにつながった孫興民の無回転性シュートは彼の存在価値が確実に示した」とし「黄喜燦、李在成などほかのFW選手の動きも良かった。後半に入って相手陣営で見せたパス&ムーブのパターンもレベルが高かった」と評価した。

試合後、孫興民は「チームはまだ完ぺきでない。完ぺきになるために多くの時間を投資した。まだ最終予選は終わっていない。有終の美を飾りたい」とし「(朴)智星(チソン)先輩が良い結果を出したように自分たちも頑張りたい。主将なので(代表チームへの)思いが強い。ソウルW杯競技場で満員の観客の前で良いゲームができ、このように一緒に喜ぶことができてうれしい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>孫興民が先制点、金英権がダメ押し点…韓国、11年ぶり「難敵」イラン撃破

    2022.03.25 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアW杯のドイツ戦で得点後にパフォーマンスをする孫興民(ソン・フンミン) イム・ヒョンドン記者
    TOP