주요 기사 바로가기

ソニーに「最初」奪われるかと… サムスン、QD-OLEDテレビ事前販売開始

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.18 14:48
0
サムスン電子がベールに包まれた量子ドット(QD)有機発光ダイオード(OLED)テレビの事前販売を始めた。米国法人であるサムスン電子アメリカを通じてだ。サムスン電子がOLEDテレビを発売したのは、2013年以降9年ぶりだ。

18日、関連業界によると、サムスン電子アメリカはホームページを通じて「OLED 4Kスマートテレビ(製品名:S95B)」事前販売を開始した。サムスン電子は同製品に対して「画面内部に特別設計された830万個の自発光ピクセルと4K人工知能(AI)で画面が非常に現実的で、超現実的」と紹介した。出荷価格は55型が2399.99ドル(約28万5000円)、65型が3499.99ドルだ。

サムスンディスプレイが開発したQD-OLEDパネルを搭載したこの製品は今年1月に開かれた「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2022」で最高革新賞を受賞した。だが、サムスン電子が展示会で実物を公開しなかったため各種の憶測を生んだ。関連業界ではパネル収率(正常品比率)問題とサムスン電子-サムスンディスプレイ間のパネル価格交渉の難航で発売がかなり先延ばしになるだろうという見方が提起された。サムスン電子もQD-OLEDテレビの発売時期を公式に明らかにしたことはない。

業界ではサムスン電子が北米市場をはじめQD-OLEDテレビの事前販売に出たのはソニーを意識したものだという分析だ。ソニーはサムスンディスプレイからパネルを供給されたQD-OLEDテレビ「BRAVIA 95K」を今年6月に発売する予定だ。この製品に対する海外情報技術(IT)メディアの好評も続いている。

匿名を求めた業界関係者は「サムスン電子の立場で、急成長中のOLEDテレビ市場への進出は避けられない選択」としながら「多くの論争があるにもかかわらずサムスンが奇襲的にQD-OLEDテレビの事前販売を開始したのは世界最初というタイトルをソニーに奪われてはいけないというプライドのため」と話した。

一方、市場調査企会社「オムディア(Omdia)」によると、昨年世界OLEDテレビ出荷量は652万5000台で、前年比8割増加した。今年OLEDテレビ出荷量は800万台を上回るものとみられる。サムスン電子は2013年OLEDテレビをリリースしたが収率等の問題で生産を中断したことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソニーに「最初」奪われるかと… サムスン、QD-OLEDテレビ事前販売開始

    2022.03.18 14:48
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子アメリカが事前販売を開始したサムスン電子のQD-OLEDテレビ。[写真 サムスンアメリカ ホームページ キャプチャー]
    TOP