주요 기사 바로가기

米中間選択を強要される韓国…「ピボットステート」になってほしい

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.17 11:33
0
全世界は米中葛藤の影響から抜け出すことはできない。米国と中国に挟み撃ちされている韓半島(朝鮮半島)はなおさらだ。韓国は2017年THAAD(高高度ミサイル防衛)の配備による中国の「報復措置」を体験し、米中ゲームの絶対的な影響力を経験した。

5月10日発足する新政府の立場では中国が米国主導の北東アジア同盟構造で韓国を「弱い輪」に認識する点に対する対応策が必要だ。状況が発生してから対応する方式から抜け出して先制的に行動し、選択の幅を広げていく「戦略的柔軟性」を発揮する必要がある。新しい戦略と原則を発掘して地政学的な中枢国家(ピボットステート)として位置づけなければならない。

このため、世代と政治的傾向を超越して国民的合意を形成することができる価値を韓国外交原則として確立することで「安米経中(安保は米国と、経済は中国と協力)」と戦略的曖昧性の枠組みから抜け出す必要がある。米中間主な懸案別に「カスタマイズ型対応策」が必要だ。

また、米中競争の中で選択を強要される受動的な態勢から脱し、能動的に選択の幅を広げていく「戦略的柔軟性」を発揮することが求められる。また、二つの超強大国が韓半島(朝鮮半島)問題に過度に介入する状況は韓国の自律性を失わせる可能性があるため、米中ゲームと韓半島ゲームを分離しようとする外交的努力が必要だ。

何より米中競争が加速化する中で、両国の協力が可能な共通分野を積極的に攻略して外交的努力をつくすのは次期政府の課題だ。全世界の国々が関心を持たざるを得ない共通分母を発掘し、この分野の先導国家になる方式だ。気候外交、感染病予防に関連した保健外交の強化がその例だ。

韓国は1970年代以来開発優先戦略を推進した結果、1人当たり炭素排出量は世界4位だ。それでも国際社会に炭素排出量の低減を約束したが、きちんと守られず「気候悪党」と呼ばれる。気候外交に向けた10カ年マスタプランを作り、グリーン成長や気候適応、水資源管理、森林復元などに積極的に取り組み、北朝鮮と発展計画を共同で立てれば、気候悪党という汚名を晴らすと同時にこの分野をリードする二兎を追うことができる。

保健外交は新しい領域だが、必須的に集中すべき部分だ。2020年新型コロナが拡大してワクチンと治療薬は戦略兵器になった。ワクチン特許と技術を持つ国家の声は大きくなった。このような経験はこれ以上疾病を政治的に活用せず、科学的な根拠に基づいた保健政策を立てる必要があるという教訓を与えた。ワクチン技術確保国と緊密な外交関係を強化して技術を確保し、ワクチン戦略国家として飛躍しなければならない。この問題は大統領が気を遣って力を注ぐべきだ。

文在寅(ムン・ジェイン)政府に入って最悪の局面を迎えた韓日関係の改善も見逃すことはできない。韓日関係は両者関係を越え、韓米同盟の延長線上にある。両国関係が改善されてこそ、米国主導の韓日米協力体制が効果的に稼動することができる。過去史をめぐる葛藤の雷管となる強制徴用問題の場合、このまま放置してはいけない。首脳間シャトル外交を復元して高官級対話ルートを稼動しなければならない。韓半島(朝鮮半島)の平和過程において日本の建設的役割を牽引するのも方法だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米中間選択を強要される韓国…「ピボットステート」になってほしい

    2022.03.17 11:33
    뉴스 메뉴 보기
    米中間選択を強要される韓国…「ピボットステート」になってほしい
    TOP