주요 기사 바로가기

「済州島を日本にやれるか?」 知韓派ウクライナ議員の心響く比喩

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.17 07:17
0
「今でもキーウ(キエフ)とハルキウ(ハリコフ)は厳しい状況です。ロシアと激しく戦闘しています」。ウクライナの国会議員であるアンドレイ・ニコライエンコ氏(43)の表情はこの上なく険しかった。ニコライエンコ氏は中央日報紙の記者とのWhatsAppを用いたビデオ通話でウクライナの状況を伝えた。首都キーウに留まっているというニコライエンコ氏は毎日砲声が絶えないと話した。

「キーウには今日も10発を越えるロシア軍ミサイルが市内に落ちた」と伝えた。ある住居建物はミサイルの洗礼に耐え切れず崩壊したと説明した。ニコライエンコ氏は「議会で戦時に対応するためのさまざまな法案を議論し、たった今事務室に帰る途中」としながら「毎日昼夜なく対応策を模索している」とした。

◆ロシアのミサイル落ちる首都キーウ

ニコライエンコ氏はロシアメディアが伝えるニュースには間違いが多いと話した。韓国の記者が彼の知人を通じてインタビューを提案した時に快く応じた理由だ。18年前、在韓ウクライナ大使館で4年間領事として働いたニコライエンコ氏は故国に戻った後も韓国の人々と交流を続けてきた。ニコライエンコ氏は先月ロシアが侵攻すると韓国の知人にウクライナと大使館を助けてほしいと呼びかけた。

ニコライエンコ氏はキーウを守った原動力として2014年ドンバス戦争での経験を挙げた。これに先立ち、開戦初期にはロシア軍の進撃が続いて首都がすぐに陥落するのではないかという予測が出ていた。ドンバス地域はロシアと接したウクライナのドネツクとルハンシク(ルガンスク)を合わせた言葉だ。ここでは2014年からウクライナ政府軍と親ロシア反乱軍の交戦が散発的に起きている。当時ロシア政府は否定したが、戦争にロシア軍が介入したという疑惑が持ち上がったこともある。ニコライエンコ氏は「ドンバス戦争で都市を守ってマウリポリなどで親ロシア軍と戦闘を行った経験が現在のキーウ防御に役立った」と分析した。

◆政府が地方防衛組織に防弾服支給

ニコライエンコ氏はウクライナ全域にある「地方防衛組織」にも言及した。ウクライナ国民が自発的に作った組織で多くの都市で活動しているという。ウクライナ政府は彼らに防弾服やヘルメットなど保護装具と衣料品を供給するなど支援している。

社会指導層の一部も積極的に出ている。キロボフラード州知事であるアンドレイ・ナザレンコ氏は戦争が始まると防弾服を着て戦場に出たという。議会はウクライナ軍が情報作戦を展開できるようにクワッドコプターや戦闘機を備えることに重点を置いているとニコライエンコ氏は伝えた。

◆「済州島(チェジュド)を中国や日本にやれるか?」

ニコライエンコ氏は「平和を望む」としつつも「今回の戦争は簡単には終わらないと思う」と展望した。「ロシアはウクライナがクリミア半島をロシア領土として受け入れ、ドネツクとルハンシクを独立国として認定するよう要求している」とし「中国や日本が済州島を占領した後、ここは自分たちの土地だと主張することと同じ」と比喩した。韓国人がそのような状況を受け入れることができないように、ウクライナ人も絶対ロシアの要求を認められないと声を高めた。

ニコライエンコ氏は3日、フェイスブックに韓国語で短めの文を載せた。韓国との縁を強調して援助を求めるコメントだった。「長女が韓国で生まれた。韓国と縁が深い人間としてすべての韓国の方々に求める。我々の特別基金に力を加えて下されば人道的支援に使われる財政資源を蓄積してロシア軍の攻撃によって影響を受けるウクライナ難民を助けることができる」。

ニコライエンコ氏は「たとえゼレンスキー大統領がロシアの要求を受け入れるといっても、ウクライナの人々は最後まで反対する」としながら「プーチンがこの戦争には勝てないという事実に気づくまで、最後まで戦うだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「済州島を日本にやれるか?」 知韓派ウクライナ議員の心響く比喩

    2022.03.17 07:17
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナ国会議員のアンドレイ・ニコライエンコ氏(43)が今月15日、中央日報の記者とWhatsAppでビデオ通話を行っている。シム・ソクヨン記者
    TOP