주요 기사 바로가기

専門家「韓国、事実上毎日100万人感染…来週初め最頂点」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.16 12:06
0
新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)新規感染者が16日初めて40万人を超えた中で、嘉泉(カチョン)大学医大のチョン・ジェフン教授は「頂点区間に入ってきた状態」とし「来週序盤、最頂点を過ぎるものとみられる」と明らかにした。

チョン・ジェフン教授はこの日、CBSラジオ番組『キム・ヒョンジョンのニュースショー』で「頂点はいつごろになると思うか」という質問に「今からおよそ一週間程度は頂点区間に入っていると考える」とし、このように答えた。

チョン教授は「現在、一日に50万人近い感染者であれば、全国民の1%が感染している」とし「わが国の診断検査体系が全体感染者のうち半分程度を捜し出すと評価されることを考えると、100万人程度の感染規模が毎日増えている」と診断した。

また「そのように考えると、一週間で10%以上が感染する実に速い速度」として「来週程度には感染できる対象者の数字自体が引き続き減ることになり、そのような影響のために頂点が科学的に来ること」と説明した。

チョン教授は「そのため、私は来週後半程度になると、ある程度減少までは期待できると考える」とし「しかし、わが国の減少幅が他の国のように急に上下したりすることはないだろう」と話した。

チョン教授は「残りの感染対象者の数字が他国より多いから」とし「ドイツのように過去に防疫がよく行われていた国の場合、とても時間がかかる現象が見られる」とした。

また、「そのような影響があって非常に長引かれる可能性はある」として「国民が何人感染したのか、感染者の数字にこれ以上こだわる必要はないと考える」と伝えた。

「感染者が同じ株に再感染する可能性があるか」との質問には「可能性はあるが、きわめて低い」と答えた。チョン教授は「次の変異ウイルスが登場すれば、そこには再感染の可能性はある」として「オミクロン株の大流行が過ぎれば、当面は安定した時間が数カ月程度はあるだろう」と話した。

「ワクチン接種効果」に対しては「ワクチンを接種した後、3カ月程度が過ぎれば50%未満に効果が減少しており、その後にも大きく落ちる」として「感染して以来自然免疫体系が形成された人も時間が経てば効果が減少する側面がある」と話した。

チョン教授は「新しい変異が優勢株になる時点に社会的距離の確保措置を取らないために社会にどのような準備が必要なのかに関する議論を今から始めるべきだ」と指摘した。

また、「新しい変異が心配する水準ではないと思う。だが、このような変異が引き続き登場するというのはあまりにも自明なことなので、発生しない場合はないと考えるべきだ」と説明した。

チョン教授は「それでも肯定的な見通しがある」として「新型コロナウイルスのような場合には繰り返して再感染されれば重症化率が深刻に低くなることになっている。そのため、過去に感染記録があれば、その次には本当に風邪のように過ぎる可能性が大きくなる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    専門家「韓国、事実上毎日100万人感染…来週初め最頂点」

    2022.03.16 12:06
    뉴스 메뉴 보기
    7日午後、大田(テジョン)のある保健所選別診療所を訪ねた市民が迅速抗原とPCR検査を受けるために待機している。フリーランサーのキム・ソンテ
    TOP