주요 기사 바로가기

3キロの爆弾がウクライナ上空を…焦ったロシア軍、「自爆型ドローン」飛ばす

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.16 07:28
0
ロシアがウクライナ戦争に「自爆型ドローン」まで飛ばした。

15日(現地時間)、首都キーウ(キエフ)では不発のまま落下した自爆型ドローンの写真が現地人のSNS等を通して拡散した。これに先立ち14日、英紙テレグラフは「ここ数日間、ウクライナの戦場にはロシアが使用した自爆型ドローンの残骸が見つかった」と報じた。また、12日にはキーウ都心の中心ポディル(Podil)にある銀行の建物に自爆型ドローンが飛んできた。BBCによると、このドローンには3キロの爆発物が搭載されていたが、ウクライナ軍が撃墜して小さな火災に終わった。

「自爆型ドローン」は無人航空機のドローンに爆弾をつけたものだ。特定の場所まで飛行して目標物に突っ込めばそのまま爆弾になる。ミサイルに比べると破壊力はそれほど大きくないが、精巧な打撃が可能だ。またサイズが小さいため防空網を避けることが容易で、集団で動かせば「空中地雷畑」を作ってタンク・装甲車などの進撃を阻止することができる。軍事専門メディア「The Drive」は「自爆型ドローンは最近決定的な武器になった。防御するのが難しい武器」と伝えた。

ドローン攻撃を増やした理由はそれだけロシア軍に焦りがあるという分析だ。大慶(テギョン)大学軍史学科のキム・ギウォン教授は「高価なドローンを回収しないで自爆用として使うというのはそれだけ武器が不足しているという傍証」と話した。

今までの戦況でドローンを通した攻撃はウクライナ軍のほうが上だ。ウクライナ軍はロシアの空軍力に対抗してトルコ制ドローン「バイラクタルTB2」で輝かしい戦果を上げた。ウクライナ国防省がSNSを通じて掲載した映像によると、バイラクタルTB2を使って多数のロシアのタンク・装甲車を撃退する場面が登場する。ウクライナ国防省は開戦から今までロシア軍タンク400台余りを撃退したと明らかにしたが、このうち相当数がドローンによる戦果であることが伝えられた。

軍事専門家によると、バイラクタルTB2は米軍が運用するドローンよりも速度と精度の面で性能が落ちる。ドローン専門家のデビッド・ハンブリング氏は「ロシア軍が無能であるか、ウクライナ軍が特別な(ドローン)戦術を発見したのかもしれない」と話した。善戦が続き、米国防総省もウクライナのドローン攻撃を助けるための方案を用意中だとNBC放送が報道した。

ロシア軍は市街戦を控えて兵力の損失を減らすためにドローンを前面に出すだろうと専門家は観測した。キム・ギウォン教授は「自爆型ドローンは大規模な戦争よりも小規模なテロに利用される」と話した。実際に過激派武装勢力イスラム国(IS)がこの自爆型ドローンを使ったテロを何度も起こしている。

米海軍分析センターのロシア軍専門家、サミュエル・ベンデット氏は「戦争初期、ロシア軍の無人航空機戦術は十分に機能しなかった」とし「だが失敗を経験と捉えて今後はより多くのドローンを配置するものとみられる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    3キロの爆弾がウクライナ上空を…焦ったロシア軍、「自爆型ドローン」飛ばす

    2022.03.16 07:28
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナのドローン攻撃の様子。
    TOP