주요 기사 바로가기

出荷量減り収益性悪化したが…ヒョンデ自動車「ロシア損切り」でジレンマ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.14 08:17
0
ヒョンデ(現代自動車)ロシア生産法人の自動車出荷台数が急減したことがわかった。ルーブル急落で収益性の悪化も懸念される。ロシアのウクライナ侵攻で韓国の自動車が打撃を受ける様相だ。

現代自動車が13日に明らかにしたところによると、ヒョンデロシア生産法人の先月の自動車出荷台数が1万7402台で、前年同期の2万1004台より17.1%減少した。ヒョンデサンクトペテルブルク工場では現地販売1~2位を争う起亜「リオ」とヒョンデ「ソラリス」「クレタ」などを生産している。

今月は実績がさらに悪化するものとみられる。現地では1日から工場が停止した状態だ。自動車業界はヒョンデがひとまず今月末までロシア工場の運営を中断することにしたものと観測している。ヒョンデ関係者はこれに対し「半導体・原材料需給が円滑でなくロシア工場の稼動を中断した状況。再稼働の時期はわからない」と話した。

西側の制裁によりロシアはサプライチェーン混乱、内需萎縮が本格化している。自動車市場もやはり大きな打撃を受けるものとみられる。韓国自動車産業協会(KAMA)によると、今年のロシアの自動車需要は昨年より29%減少する見通しだ。この場合、ヒョンデは6万2000台、起亜7万台の販売減少が予想される。

ルーブルの価値が急落し収益性の悪化も避けられない。現在ルーブルの価値は1ドル=155ルーブル水準で、戦争前の70~80ルーブルから90%ほど下落した。部品などをドルで決済・輸入する自動車メーカーの立場ではロシアでルーブル建てで車を売れば売るほど収益性が悪化するという意味だ。

ヒョンデの立場ではそれでも手を引くこともできないジレンマに陥っている。韓国自動車研究院のイ・ハング研究委員は「世界の自動車メーカーがロシアから撤退する状況でヒョンデだけ残るならば為替差損だけでなく国際信頼度に問題が生じかねない。それでもロシア市場を離れればロシアと友好的関係を維持している中国車がヒョンデを代替するかもしれない」と話す。

生産・販売の萎縮は自動車部品業界でドミノのように広がっている。ヒョンデの組み立て工場が稼働を中断し、ここに部品を供給する現代モービスのモジュール・部品工場など現地協力会社も生産施設の稼動を止めた状態だ。

ロシア政府が韓国など48カ国を「非友好国」に指定し部品メーカーもパニックになった。非友好国に指定されればロシア企業が外貨債務をルーブルで償還できる。これまでロシアに輸出しドルで決済を受けていた部品メーカーがこれからは取引代金をルーブルで受け取ることになりかねないという意味だ。

昨年からロシアでエンジン工場を稼動する現代ウィアは「ルーブルが急落しており多角的に対処方法を探している。非友好国指定と関連した追加制裁の有無について鋭意注視している」と話した。

半導体需給難はさらに激しくなる見通しだ。半導体生産に必要な資源供給に支障が生じる余地が残っているためだ。ロシア政府は10日、200件余りのロシア産商品の輸出を制限する措置を発表した。すぐに韓国の自動車部品メーカーに直接的な影響を与える商品は含まれていないが、制限措置品目が拡大する場合には問題になりかねない。

ロシア最大の自動車メーカーであるルノー日産傘下のラーダも9日から車両生産を止めた。当時ラーダを生産する自動車メーカーのアフトワズは「世界的な半導体不足が工場稼動中断の原因」と明らかにした。

韓国貿易協会国際貿易通商研究院のチョ・ウィユン首席研究員は「車載用半導体やセンサーの生産に必要な貴金属であるパラジウムのような品目の輸出をロシアが制限する場合、韓国企業も影響を受けるほかない」と説明した。

ヒョンデが未来車産業の観点からウクライナ侵攻の「その後」に備えるべきとの見方もある。イ・ハング研究委員は「ロシア産が15.1%を占めるプラチナは水素自動車産業に、5.3%を占めるニッケルは電気自動車産業に影響を与える。今回の事態を契機に未来車市場でシェアを高めることができる。韓国は政府主導の積極的な資源外交、サプライチェーンと市場の確保が必要だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    出荷量減り収益性悪化したが…ヒョンデ自動車「ロシア損切り」でジレンマ

    2022.03.14 08:17
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのサンクトペテルブルクにあるヒョンデの生産工場。[写真 現代自動車]
    TOP