주요 기사 바로가기

在韓ウクライナ大使館「義勇軍に志願した韓国人は約100人」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.07 13:31
0
ウクライナ戦争の「義勇軍」に参加したいという韓国人志願者が100人程度いると在韓ウクライナ大使館が7日、明らかにした。

在韓ウクライナ大使館関係者はこの日、「参戦志願の問い合わせが絶えず入ってきている状況」としながら「現在まで義勇軍への志願者は概略100人になるものと推算される」と話した。

また、義勇軍の入隊資格を満たしていない人の問い合わせも多いと付け加えた。

大使館は志願者が問い合わせすれば入隊資格を備えた人だけに関連手続きを案内している。入隊資格は18歳以上で軍服務の経験がある成人だ。

実際にウクライナに向かった韓国人義勇軍の現況に関連し、この関係者は「保安上、公開できない」と答えた。

現在、韓国政府がウクライナ全域に対して旅行警報第4段階(渡航禁止)を発令しているため、韓国国籍者が外交部の許可なくウクライナに入国すれば旅券法に基づき処罰を受ける場合がある。現行旅券法によると、無断入国者は1年以下の懲役または1000万ウォン(約94万円)以下の罰金が言い渡されるか、現在所持中のパスポートに対する返却命令、パスポートの無効化、新しい旅券の発給拒否および制限などの行政制裁を受ける場合がある。

6日、軍隊関連のYouTube(ユーチューブ)コンテンツで有名なイ・グンさんがSNSにウクライナ戦争に参戦するために出国したと主張したことに対し、大使館関係者は「(入隊手続きの案内と事前認知に関連して)現在としては答えられるものはない」と話した。

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は6日、外国人義勇軍数が現在2万人ほどで、ほとんどが欧州人だと明らかにした。

クレバ外相はこの日、米国CNN放送とのインタビューで「この(外国人義勇軍の)数字は現在2万人ほど」としながら「彼らのほとんどは欧州諸国から来た」と話した。

クレバ外相は「全世界の多くの人々がロシアと最近数年間にわたって起きた出来事を苦々しく思っているが、誰も公開的に異議を提起したり彼らと戦う意欲を出したりすることができなかった」としつつも「ウクライナ人が戦って諦めない様子を見て、多くの人々が参戦する動機を持った」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP