주요 기사 바로가기

金正宙氏かわいがった孫正義氏、しばらく言葉続けられず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.03 13:03
0
「そんなにつらかったなら話してくれたらよかったのに。風の国でゆっくり休みなさい」。金正宙(キム・ジョンジュ)ネクソン創業者の師で彼をかわいがっていた韓国科学技術院(KAIST)のイ・グァンヒョン総長は2日、悲痛な心情を込めてフェイスブックにこうした追悼文を投稿した。

故人と長い間交流してきたソフトバンクグループの孫正義会長は衝撃の中でしばらく話ができなかったという。会社関係者は「孫会長は彼をオンラインゲームの開拓者として尊敬し、金正宙氏は重要な意思決定を下す時ごとに孫会長に連絡して助言を求めるなど深い信頼関係を維持してきた。知らせを聞いた孫会長は言葉を続けることができずとても悲しんだ」と伝えた。

死去の知らせが伝えられたネクソン創業者の金正宙氏に対する追悼が続いている。故人は後輩創業家に助言を惜しまなかっただけでなく、直接初期投資家になったりもした。ネクソン出身でヒットコンテンツ「サメのかぞく」を製作したピンクフォンカンパニーのキム・ミンソク代表は2日、フェイスブックに「(故人が)2013年にピンクフォンカンパニーに初めて投資された。投資金を100倍にしようとしたがようやく60倍になった。100倍になれば約束を守ったと自慢したかったのに…」と残念がった。ハッシュド共同創業者のキム・ソジュン氏も「みんなが仮想通貨を『詐欺』と酷評した時期からいつも好奇心いっぱいのまなざしで暖かく迎えてくれ話を聞いてくれた方。ハッシュドが初めてベンチャーキャピタルファンドを始める時も物心両面で支援してくれ大きな支えになった」と話した。

「金正宙氏から契約書もなく10億ウォンの投資を受けた」と明らかにしたイートゥース創業者のキム・ムンス氏も「もう少し恩返しできると思っていたが慌ただしく行ってしまった」として惜しんだ。コリアスタートアップフォーラムのパク・ジェウク議長はフェイスブックに「ベンチャー業界の大きな星が落ちた。韓国のゲーム産業を世界的な水準に引き上げた主役であり、多くの後輩の尊敬を受ける先輩なのにこのように見送ることになりとてもうろたえている」と書いた。

ネクソンコリアのイ・ジョンホン代表も社内掲示板に投稿し、衝撃を受けた社員らを励ました。イ代表は「多様な分野に好奇心があふれ、本人が好きなものを見つけ出すと子どものような純粋な情熱ではまった方」と回顧した。続けて「『大韓民国という小さな国で生まれたこの会社をグローバルでだれもが名前を聞いただけでわかるほどの会社にしてほしい』として明るく笑ったその笑顔をまだはっきり覚えている。彼の遺志を受け継ぎ私たちが生きる世界で、さらに愛される会社を作るために最善を尽くしたい」と付け加えた。

「アジアのディズニー」を夢見た故人は、子どもや青少年に向けた社会貢献活動にも積極的だった。「隠遁の経営者」というニックネームと違い、子どもリハビリ病院への寄付行事には地道に参加した。韓国初の児童リハビリ病院であるプルメ財団ネクソンこどもリハビリ病院を設立する時も建設費用の半分近い200億ウォンをネクソンが寄付した。大田市西区に建設中の公共子どもリハビリ病院にもネクソンは100億ウォンの寄付協約を大田市と結んでいる。障害者移動権協同組合を率いるホン・ユンヒ理事長は「ネクソンプルメ病院は企業の寄付がもたらすインパクトに気付かせ行動させた契機だった」と話した。

「静かに故人を送りたい」という遺族の意向により葬儀は家族葬で行われるものとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP